かっての当たり前が、今や珍事

  • 2018.09.13 Thursday
  • 17:20

 

先輩から突然の電話

 

「今、防府に来ているから、これからお伺いしたい」

 

「はい、お待ちしております」

 

「防府は不案内なので迎えに来てもらえんじゃろか」

 

「はい、どこにいらっしゃいますか?」

 

と、いうことで先輩をお迎えに (あら、奥様もご一緒)

 

 

以前ブログにも登場(http://ichiumablog.jugem.jp/?eid=307)した「亀の甲農園」三隅先輩

 

 

「ぶどうが出来たので持って来たよ」

 

 

「奇跡のぶどうですか」

 

「そう、私の46年間の苦労の結晶」

 

「販売価格はいくらに設定したのですか?」 (以前は7,000円とお聞きしていたけど・・・)

 

「1箱 6,480円(税込)でネット販売しているよ」

 

亀の甲農園HP:http://www.kamenokou.com/

 

「ひと箱、6,000円ですか〜?」

 

「ボチボチ注文が入っているよ」

 

「こちらは?」

 

 

「大粒のぶどうを選んだもので、左が36mm以上、右が32mm以上」

 

「これも販売しているのですか?」

 

「欲しい人がいれば販売するよ」

 

「いくらですか?」

 

「左が5,000円、右が3,000円」 (えっ、9粒でですか?)

 

「えっ、一粒 500円・・・」 (アンパン3個の方がお腹は太るなあ)

 

「まあ、食べてみんさいや」

 

「いただきます」

 

(う〜ん、懐かしい味。昔食べたぶどうの味だ!)

 

「優しい味ですね。エグミがないですね」 (ぶどうを食べた際、唇に残る痺れるような感じがない)

 

「私のぶどうにはアルカロイドという、苦味やエグミの成分がないからね」

 

「いくらでも食べれますね」

 

「そうじゃろ」

 

「でも種が邪魔くさいですね」

 

 

「種があるから有機(無農薬)栽培なんじゃろうが。種がないのは農薬を使っちょるんよ」

 

「確かに昔は種がありましたよね。だから懐かしい味がしたのかも知れませんね」

 

「そうなんよ」

 

 

これまでぶどう栽培に注ぎ込んだ費用は軽く1億円を超えるよと、事も無げに言われる先輩

 

(これから16,667個販売しなきゃ元は取れないじゃん)

 

しっかり販売のお手伝いをさせて頂きますね

 

どうもありがとうございました

 

 

で、翌日またぶどうが届きました (これでまた1億円の回収が遠のきましたね)

 

 

少しでも多くの方に有機ぶどうを味わってもらうため、市役所での会議に持参

 

若い職員さん「美味しい。あれ?このぶどう、種がある」

 

「有機のぶどうだから種があるの。昔はみんな種有りだったんだから」

 

「初めて〜、こんな珍しいぶどう」

 

かっての当たり前が、今では珍事

 

(時代の流れに逆らうのって大変ですね・・・先輩!)

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

クラシックを聴きに:読響演奏会

  • 2018.09.10 Monday
  • 19:56

 

読売日本交響楽団演奏会のチケットに当選した

しかも、S席 7列目 27番 28番

 

 

 

が、個人的にはクラシックに興味がない

 

奥さまがピアノの先生をなさっておられるご夫妻にプレゼントを‥と思ったが、なんせ会場はスターピア下松

 

ご自宅から会場まで車で往復5時間、しかも夜 (ご帰宅は午後11:00頃になるなあ)

 

失礼ながらご年齢を考えると・・・

 

 

次男夫婦に讓ろうとしたが、仕事で行けそうにないとのこと

 

「誰か貰ってくれる人はいないかなぁ・・・」

 

その時家内が、ポツリ

「私だって行きたいのに・・・」

 

「えっ、行く気あるの?」

 

「あなたは自分や私のことより、いつも他の人を優先するのよね」

 

「そんなことないだろ。ママが一番大事だよ」 (ママっていう時は、ゴマすり・・・)

 

ってな訳で、こともあろうかこの私がクラシックを聴きに行くことに・・・

 

 

前夜、三男が気まぐれに帰宅

 

土用の丑の日にも帰らず、お盆にも帰らず、全く計画性もなく、突然ふら〜っと帰って来る

 

これはチャンス!

 

「明日の夜、お母さんとクラシックを聴きに行かないか?」

 

「はあ〜、クラシック??謹んで断固お断りします」 (日本語の使い方変じゃないか?)

 

「そうか、仕方ないな・・・」

 

 

はい、行ってきました スターピアくだまつ

 

 

指揮はジョセフ・バスティアン氏

ヴァイオリンは神尾真由子さん

読売日本交響楽団

 

曲目は

 

ベルリオーズ:序曲<ローマの謝肉祭>作品9 (演奏時間:約8分)

 

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35 (演奏時間:約33分)

 第1楽章 アレグロ・モデラート〜モデラート・アッサイ

 第2楽章 カンツォネッタ、アンダンテ

 第3楽章 アレグロ・ヴィヴァーチェシモ

 

ドビュッシー:交響詩<海> (演奏時間:約23分)

 

ラヴェル:ボレロ (演奏時間:約13分)

 

 

演奏前 (隠し撮りをして家内にメッチャ叱られた・・・)

会場は約1,000人収容 ほぼ満席

 

 

最前列はヴァイオリン (楽団の花形はヴァイオリンなのかな?)

 

ヴァイオリン奏者は、右腕が疲れるだろうな (腱鞘炎にならないのかな?)

ヴァイオリン奏者は、太った人には向かないな (二の腕がたっぷんたっぷんだ)

 

自分が演奏するんだったらシンバルが良いな (練習しなくても良いし、ギャラは同じらしいから)

 

 

な〜んてことを考えながら聴いていたが、仕事の事、悩み事をいつの間にか忘れていた

 

席が前だったこともあり、ヴァイオリンの音色が心地よい

 

弦を爪で弾く音、弓を小刻みに弾く音、弓をダイナミックに動かして弾く音

 

 

神尾真由子さんのソロのヴァイオリンは素晴らしかった

 

音が生きている、音に躍動感がある (表現が変かな??)

 

横を見ると、家内が目を閉じてうっとりした表情で聴いている (居眠りしてないよね??)

 

これはお金を出してでも聴く価値はあるな、1時間以上かけて来るのも悪くないなとしみじみ感じた

 

特に最後の曲、ボレロのクライマックスでは鳥肌さえ立った

 

こういう機会を作ってくれた家内に感謝

 

「ありがとう」

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

多幸窯:若き後継者に期待

  • 2018.08.28 Tuesday
  • 16:13

 

 防府市江泊末田にある窯元で「多幸壺復活祭」が開催され、除幕式、登窯火入れ式が行われた

 

末田地区は末田焼として窯業が盛んだったが、時代の流れと共に窯元が次々と廃業、現在は2軒を残すのみとなった

 

その中でも、全国的にも珍しい陶製の蛸壺の生産をされていた、真山窯3代目 田中孝志さんが一昨年、高齢を理由に引退、廃業を発表された

 

 

防府市指定有形民俗文化財の登窯も存続の危機を迎えた

 

稼動するなかでは国内最大級の登窯

 

そんな時、イベントで末田を訪れた北九州出身の青年 久野公寛さん(35)

 

久野さんは、田中さんの職人技に魅了され、一大決心

勤務先を退職し、田中さんに弟子入り

 

見習いでは生活が出来ないため、アルバイトで生計を立てながら技術を習得

 

そしてこの度、晴れて後継者として認められ、新たに「多幸窯」としてスタート

(※デザイナー うじともこさんデザイン)

 

2年振りに登窯に火が入ることとなった

 

 

 

「ほうふ観光 百万一心プロジェクト」〜防府の広告塔となる産品を世界へ〜

 

現在、弊社を含め7社がこのプロジェクトに参加している

 

アウトバウンド(製造・物販)からインバウンド(来訪)を狙うもので、自社製品を通じて防府をPR

そして、防府へ足を運んでもらうという、広告塔としての役割を担う

来年1月に東京ミッドタウンで開かれる展示会で商品を販売

 

「多幸窯」さんも蛸壺をインテリアとして提案する「TACOOTSUBO」を出品、販売 

 

 

 

「蛸」を英語で書くと〔octopus〕オクトパス=置くとパス

 

受験生の皆さん、受験に備え是非多幸壺を!  (苦しい時のタコ頼み??)

もっと幸せになりたい方も多幸壺を!     (一家に一つ必需品??)

 

 

私もこの話をお伺いした際、何かお役に立てることがあれば・・・と、コラボを申し出た

そして、多くの方から背中を押していただいた

 

三田尻からストーリーを・・・

さて、どんなストーリーとなるか・・・??

 

池田市長、島田県議、杉山教育長、羽嶋コンベンション協会会長を始め、多くの方々と「多幸窯」久野さんの船出(火入れ)をしっかりと見届けました


私も防府市民の一人として、若き後継者 久野さんに期待すると共に、微力ながらもお手伝いをさせて頂きたいと思っています

 

 

たこ飯までいただき、ありがとうございました

美味しくいただきました

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

賢い嫁、出来た嫁、そして良い妻

  • 2018.08.27 Monday
  • 08:18

 

後輩から「母親と同居します」と連絡があったのが4月末

 

「家を出ました」と連絡があったのが7月末

 

わずか3ヶ月間の同居

 

原因は嫁姑問題

 

これまでも仲が悪く、14年間実家に顔を出したこともない奥さん

 

あれだけ念を押したのに・・・

 

 

今年の猛暑で、透析患者でもあるお母様が気になり電話をした

(※透析を受けられている方は1日の水分摂取量が500ml以内)

 

電話口から聞こえてくる声が思いのほか元気そうで一安心

 

しかし、次に出てきたのは長男嫁への愚痴

 

自分が留守の時に食器棚や食器、タンス類は片っ端から破棄

自分が在宅時に嫁は家を留守にする

自分には何も手伝わさないで「お義母さんは何もしない」

 

やっぱりね・・・

 

 

「思ったよりお元気そうですね」

 

「今は次男夫婦が同居しているのよ」

 

「えっ?次男さん、中津市(大分県)じゃなかったですか?」

 

「それがね、子供達も独立したのでこっちに帰って来たのよ」

 

「それは良かった」

 

次男さんのお嫁さんは本当に気さくな美容師さん

 

お母様も数ヶ月に一度、大分県までパーマをかけに行かれていたほど仲良し

 

 

「暑いので、とにかく汗をかかないよう涼しいところにいるようにしてください」

 

「私は元々汗をかかない体質なのよ」

 

「いや、それは体温調節がうまく機能していないからで、過信したらダメです」

 

「今は暑いので一日中、エアコンの効いた部屋で過ごしているのよ」

 

「それで良いのです」

 

「次男達も帰ってきたし、私も気を使わなくて楽をさせてもらっているわ」

 

「安心しました」

 

 

我が家の次男夫婦にその話をした

 

「ひどいお嫁さんだね」

 

「いや、次男さんのお嫁さんが賢いんだと思う。出来たお嫁さんなんだよ」

「お義母さん、お義母さんと、甘えたほうが母親とすれば嬉しいと思うよ」

 

(その時みゆきさんが次男の顔を見て、( ̄ー ̄)ニヤリ

 

「お義母さ〜ん、何かお手伝いすることありますか〜」 (みゆきさんも賢いお嫁さんだね)

 

 

「お義父さん、これどうぞ」と、スマホカバーを渡される

 
 

スマホを替えた私に、みゆきさんからのプレゼント

 

そういえば先日「どんな色が好きですか?」と聞かれた際、

 

「私はオレンジをワンポイントに取り入れるようにしているよ」と答えた

 

     時  計         前スマホカバー

 

山口県は夏みかんが有名でだいだい色が山口県のカラー??

 

ガードレールも県道はオレンジ色(国道は白色)

 

(山口県民をさりげなくアピールしている感じかな?)

 

ありがとう!大切に使わせてもらいますね

 

 

今回、山陰小旅行で私がみゆきさんに買ってきたお土産

お昼のお弁当に使ってね (いつもお弁当作りごくろうさま)

 

そして、今一番の願いが叶いますように・・・ (鬼太郎さんお願いします!)

こればっかりは私も手助けできないので、見守るだけ・・・ (早く叶うと良いね)

 

のどぐろ入り ポテトチップス

写真では小さく見えるけどBigサイズ (食べ過ぎないでね)

 

しじみ(宍道湖といえば定番!) (300円で詰め放題だったので頑張ったよ)

小分けして冷凍しておけば1年くらい保存できるよ

 

みゆきさんは、国産牛切り落としの方が好きかもね (これも持って帰って良いよ)

 

 

私は結婚前、家内に言ったことがある

 

「賢い母にならなくても良いから、良い妻になって欲しい」

 

充分期待に応えてくれる妻になってくれたことを大変嬉しく思います

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

山陰小旅行:鳥取県編

  • 2018.08.25 Saturday
  • 09:36

 

足立美術館を十分に堪能し、鳥取県境港を目指して出発

 

安来 道の駅 あらエッサに立ち寄り

ここでも家内はお買い物

 

しばらく車を走らせると、厄除けの名所として知られている 清水寺(きよみずでら)入口

 

私と家内は前厄と後厄、信心深い家内が「お参りしましょう」

どこまで階段が続くのやら・・・

根本堂は国の重要文化財

三重塔

 

しっかりと厄払いさせて頂きました

 

行き当たりばったりの旅行だけに急がないと・・・ (寝不足だし、運転は私の役目だし・・・)

 

 

米子を通過し、境港駅到着

JR境港駅から続く約800mの通りに177体の妖怪ブロンズ像が立ち並ぶ「水木しげるロード」(向かって右側)

 

天然温泉 夕凪の湯 妖怪たちの足湯

「暑いから入りたくない」と、さっさと素通り (待って、置いていかないで〜)

 

鬼太郎            

目玉のおやじ

ねずみ男

 

 

ここで昼食

半分っこしたが、私がわさびを全部混ぜちゃったので家内は、ひ〜は〜(笑)

 

わさびのおかげで目も覚めて、いよいよこれから帰路に

 

と、せっかくここまで来たのだから、あのベタ踏み坂で有名な江島大橋を渡ろう

確かに見た目は車で登れるのかな?という感じ (目の錯覚だろう)

 

アクセルをベタ踏みというほどではなかったが、最高地点から下を見るとさすがに怖い

 

大根島側からのアングル

こちら側からでは驚く程ではない

 

大根島に渡り、牡丹で有名な由志園へ

「今は牡丹の時期じゃないし〜」の家内の一言で入園せず・・・

 

「では、帰りますか」と、我が家へ

 

 

私が買ったお土産 (家内のお土産除く)

鬼太郎ファミリークッキー

願いがかなう飴 2

(山陰限定)おとなのふりかけ

のどぐろ入り ポテトチップ

とびうおの骨せんべい

マサバの魚醤

のどぐろ味噌

 

大観色紙 春夏秋冬

 

春:夜桜         夏:霊峰夏不二   

 

 

秋:中秋の月       冬:蓬萊山

 

 

リビングに飾って、四季折々の画を楽しむことにしよう

 

 

足立美術館はフリーパス(¥6,000/2年間有効)がオススメ (近ければなあ・・・)

四季の庭園も、風情があって違った感動もあることだろう

 

(山陰小旅行:完)

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

ブログ村

山口ブログ

ぶろぐ村

ブログランキング

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM