涙が頬を伝った夜

  • 2018.09.21 Friday
  • 10:52

 

昨夜、長男から電話

 

「遅くにごめんね。寝てた?」

 

「いや、ニュースを観てる。安倍さんが三選されて良かったよ」

「これでK(長男の名前)の結婚式も総理大臣にお祝いして貰えるかもな」

 

「僕もそれ思った」

「元気?病気してない?」

 

「元気だよ」

 

「余り無理しないでよ」

 

「うん、ありがとう。どうした?」

 

「実はね、結婚したい女性がいるんだけど‥‥」

 

「そうか、そうか、それはおめでとう」

 

「えっ?良いの?」

 

「お父さんは自分の息子を信じているから、Kが選んだ女性なら反対はしないよ」

 

「ありがとう」

 

 

長男は三兄弟の中では、一番私の背中を見て追って来たように思う

 高校時代は生徒会長に立候補 (残念ながら父親に追いつかず・・・)

 大学は地元のY大学に進学 (親子三代・・・)

 

また要領が良く、器用で交友関係も多岐にわたる

 大学時代は授業料免除にも関わらず、ちゃっかり親から授業料摂取 (ところがどっこい、奨学金を息子に返済させる親)

 これまで結婚式に招待された数、数知れず (ご祝儀より交通費の方が高くついただろうに・・・)

 

 

それでもお相手の女性の事が気に掛かる

 

初めて結婚したいと思った女性らしい (女性遍歴どんだけ〜?)

目のパッチリした、色白の東北美人らしい (「あばたもえくぼ」って言うじゃな〜い)

3歳年下の26歳にも関わらず、自分を叱ってくれるしっかりした女性らしい (尻に敷かれるんじゃない?)

お花が好きな女性らしい (お花が好きな人は心が澄んでいる、とは亡母の弁)

 

 

山口市で「山口ゆめ花博」開催中(9/14〜11/4)

 

「花博に連れて行ったあげたら?是非一緒に帰っておいで」

 

「喜ぶと思う。予定を組んでみるね」

 

「変なオヤジがいるということだけは伝えておいてな」

 

「お父さんは気に入ると思うよ」

 

「両手を広げて待ってるからね」

 

「また連絡するね」

 

 

先月山陰小旅行で買い求めた「願いがかなう飴」

長男に送る機会がなく、自分で1個食べた

 

そのご利益があったのかな???

 

親元を離れて7年、会うごとに成長していった息子

 

孫の顔を見るまでは死ねないな、って改めて思った

 

電話を終え、何故か自然と涙が頬を伝わった

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

スポンサーサイト

  • 2018.12.03 Monday
  • 10:52
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    ブログ村

    山口ブログ

    ぶろぐ村

    ブログランキング

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM