多幸窯:若き後継者に期待

  • 2018.08.28 Tuesday
  • 16:13

 

 防府市江泊末田にある窯元で「多幸壺復活祭」が開催され、除幕式、登窯火入れ式が行われた

 

末田地区は末田焼として窯業が盛んだったが、時代の流れと共に窯元が次々と廃業、現在は2軒を残すのみとなった

 

その中でも、全国的にも珍しい陶製の蛸壺の生産をされていた、真山窯3代目 田中孝志さんが一昨年、高齢を理由に引退、廃業を発表された

 

 

防府市指定有形民俗文化財の登窯も存続の危機を迎えた

 

稼動するなかでは国内最大級の登窯

 

そんな時、イベントで末田を訪れた北九州出身の青年 久野公寛さん(35)

 

久野さんは、田中さんの職人技に魅了され、一大決心

勤務先を退職し、田中さんに弟子入り

 

見習いでは生活が出来ないため、アルバイトで生計を立てながら技術を習得

 

そしてこの度、晴れて後継者として認められ、新たに「多幸窯」としてスタート

(※デザイナー うじともこさんデザイン)

 

2年振りに登窯に火が入ることとなった

 

 

 

「ほうふ観光 百万一心プロジェクト」〜防府の広告塔となる産品を世界へ〜

 

現在、弊社を含め7社がこのプロジェクトに参加している

 

アウトバウンド(製造・物販)からインバウンド(来訪)を狙うもので、自社製品を通じて防府をPR

そして、防府へ足を運んでもらうという、広告塔としての役割を担う

来年1月に東京ミッドタウンで開かれる展示会で商品を販売

 

「多幸窯」さんも蛸壺をインテリアとして提案する「TACOOTSUBO」を出品、販売 

 

 

 

「蛸」を英語で書くと〔octopus〕オクトパス=置くとパス

 

受験生の皆さん、受験に備え是非多幸壺を!  (苦しい時のタコ頼み??)

もっと幸せになりたい方も多幸壺を!     (一家に一つ必需品??)

 

 

私もこの話をお伺いした際、何かお役に立てることがあれば・・・と、コラボを申し出た

そして、多くの方から背中を押していただいた

 

三田尻からストーリーを・・・

さて、どんなストーリーとなるか・・・??

 

池田市長、島田県議、杉山教育長、羽嶋コンベンション協会会長を始め、多くの方々と「多幸窯」久野さんの船出(火入れ)をしっかりと見届けました


私も防府市民の一人として、若き後継者 久野さんに期待すると共に、微力ながらもお手伝いをさせて頂きたいと思っています

 

 

たこ飯までいただき、ありがとうございました

美味しくいただきました

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

スポンサーサイト

  • 2018.11.16 Friday
  • 16:13
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    ブログ村

    山口ブログ

    ぶろぐ村

    ブログランキング

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM