スポンサーサイト

  • 2020.01.16 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    山陰小旅行記:足立美術館編

    • 2018.08.23 Thursday
    • 18:08

     

    いや〜、参った

     

    セミダブルのベッドに二人が寝るというのは寝にくい・・・ (二人部屋となっていたのに・・・安いはずだ)

     

    家内が動くたびに振動で目が覚めてしまう (お互い様、と言われたけど・・・)

     

    お陰で4時に目が覚めた

     

    ホテルで朝食を摂り、早目に足立美術館(安来市)に向けて出発

     

    「売豆紀」(なんと読むのか分かりますか??)

    身内(萩市)にも同じ苗字が (珍しい苗字で全国でも10人くらい)

    「めづき」と読みます (標識はMETSUKIとなっていました)

     

    8:20 足立美術館到着 (まだ開館してません)

     

    8:30開館 (通常は9:00〜だけど団体さんが多く早目に開館したらしい)

     

    案内する足立翁像

     

    苔庭(苔を主体とした京風の雅な庭園)

     

    枯山水庭(自然との調和が美しい足立美術館の主庭)


     

    池庭(新しい感覚と伝統的手法を用いて造られた庭園)

     

    生の額絵(窓がそのまま額縁に)

     

    生の掛軸(床の間の壁をくり抜いて、一幅の山水画がかかっているかのように見える、らしい)

     ※逆光で見えません 残念!

     

    白砂青松庭(横山大観「白沙青松」をイメージして造られた庭園)


    亀鶴の滝(15m)(横山大観「那智乃瀧」をイメージした人工の滝)

     

     

    続いて、本館2Fにある「横山大観特別展示室」へ

    横山大観の作品を約120点所蔵、その内常時約20点展示

     

     

    「庭園もまた一幅の絵画である」とは、足立美術館 創業者 足立全康氏の言葉

     

    枯山水庭、白砂青松庭、苔庭など50,000坪の日本庭園

    横山大観、竹内栖鳳、川合玉堂など近代日本画壇の巨匠たちの作品約1,500点

     

    まさに、名園と名画の絶妙な調和

     

    陶芸館 1F 河井寛次郎室

     

    陶芸館 2F 北大路魯山人室

     

    その後、新館に移動し展示室を見て回り、2時間足立美術館を堪能しました

     

    たまには心静かに、日本が世界に誇る名画と名園を味わうのも良いものだ

     

    心が洗われるようで、気持ちもリフレッシュできました

     

    家内はお土産物売り場でじっくり品定め (これがまた時間がかかるんだな〜)

     

     

    (山陰小旅行記:鳥取県編へと続く)

     

     

    下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

      ↓  ↓

     


    にほんブログ村



    人気ブログランキングへ 

     

     

    JUGEMテーマ:きまぐれ日記

    スポンサーサイト

    • 2020.01.16 Thursday
    • 18:08
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << June 2020 >>

      ブログ村

      ぶろぐ村

      ブログランキング

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM