最初の30秒間・・・

  • 2018.07.10 Tuesday
  • 18:37

 

本日、意外な?訪問者があった

 

2、3ヶ月前弊社に教育実習で来社し、2時間で帰らせてしまった青年

  参考ブログ 「あなたは今の自分を採用しますか

 

「大雨の被害はなかったですか?」

 

「倉庫の壁が一部崩れたけど大した被害はなかったよ」

 

弊社工場の一部は、元毛利藩の米蔵で江戸時代の建造物

その倉庫の一部、土壁が崩れ、溝を塞いでしまった

150年前の赤土は水分を含んだ重みで除去するのも大変で、市職員の方が清掃作業のお手伝いをしてくださった

文化財的建造物だけに修復する際もその赤土を再利用しなくてはならない(きめの細かい良質な赤土のような?)

 

「私に何かお手伝いできることがあれば言ってくださいね」

 

「ありがとう。ところでどうしたの?」

 

「1ヶ月後にお伺いできなかったので来ました」

 

(何を今更・・・約束を守らない奴は信用できない)

 

「今は何をしているの」

 

「そのまま営業廻りをしています」

 

(会社辞めてなかったんだ)

 

「その後、どう?」

 

「今は営業の仕事が楽しく思えるようになりました」

 

「そう、それは良かった」

 

「社長の言われた、最初の30秒間が重要ということを痛感しています」

 

私は常日頃営業の者に「お会いして最初の30秒が重要だ」と言っている
最初の30秒間の印象で話を聞いてもらえるか、そしてその後の展開が決まると思っている

 

「人に会うのが苦痛じゃなくなったんじゃないかな?」

 

「そうなんです。自分は人見知りするタイプだと思っていたんですが、人が好きになりました」

 

「人が好きに・・・?僕は人に会うのは未だに苦手だけどなあ」

 

「それと、自分の名刺は相手の名刺より下に出すように言われましたよね」

 

 

「そう、自分の名刺の上に、被せるように出してくる人には良い印象は持たないからね」

 

「お会いした方より下に出したら、その方が下に出され、その下に出したらまた下に出されたので、また下に出したら、二人で大笑いして、気に入ってもらえたみたいで注文を頂きました」

 

 

(もしかして、N社長じゃ・・・? Nさん「面白いやつに出会った」って言っておられたけど・・・)

 

「それは良かった。自信になったんじゃない?」

 

「頂いた販売員心得に、自信がないから迫力も粘りも、厚みもない、ってありました」

 

「うん。今の君には前にはなかった迫力を感じるよ」

 

「ありがとうございます。もっとやります!」

 

 

いや〜、驚いた

 

今日会った彼は、以前の彼とは全く別人のように感じた

 

会話のキャッチボールも出来たし、「頑張ってみます」が「やります!」

 

 

ふと、思い出したことがある

 

私は息子が大学受験の時、”がんばれ”とは決して言わなかった

 

毎晩遅くまで机に向かっていた息子を知っていたから・・・

頑張っている息子を知っていたから・・・

 

 

そして今日、彼の「やります!」の言葉を聞いて安心した

 

今の彼が一生懸命頑張っていることに気付いたからだ

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

スポンサーサイト

  • 2018.11.16 Friday
  • 18:37
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    ブログ村

    山口ブログ

    ぶろぐ村

    ブログランキング

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM