一流になるためには・・・

  • 2018.05.14 Monday
  • 18:04

 

昨日、「花と小鳥の会」講演会が開催された


 

「花と小鳥の会」は、衆議院議員 高村正大氏後援会 女性部会である

 

今回、高村事務所 江村秘書より男性でも参加OKのお許しを頂き参加させていただいた

 

講師の「和倉温泉 加賀屋」 若女将 小田絵里香さんのお話を拝聴したかったからである

 



 

私と同じ考えの方も多かったようで、男性約半数

 

会場は椅子を新たに運び込む大盛況

 

 

以前ある方に「一流になるためには、一流に接すること」と言われたことが思い出される

 

旅館であれば「和倉温泉 加賀屋」、ホテルであれば「リッツカールトン」に宿泊して、一流というものを体感すべきとのこと

 

「和倉温泉 加賀屋」さんはプロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」36年以上日本一に輝く老舗旅館

 

「加賀屋」さんのホスピタリティ

 

目先の報酬を求めての行動でなく、訪れる人ひとりひとりと真摯に向き合い、人々の心に残るサービスを提供し続ける

おもてなし・喜びを通じて、報酬は結果としてついてくるという考え

 

 

どうして「加賀屋」さんがトップクラスの旅館でいられるのか

 

若女将さんの話では、「臭いものにふたをしない

 

 

お客様から届く感謝、意見、クレーム、不満などのアンケートを担当部署ごとに仕分け報告

 

原因分析をして各部署で課題に取り組み、対応することによってスキルアップを図っているという

 

まさに「ほう・れん・そう」(報告・連絡・相談)を実践しておられる

 

昭和世代は背中を見て学ぶ人が多かったが、平成世代は ”言わないと分からない”

 

そこで、マンツーマン指導を取り入れているとのこと

 

 

ところで、何故「和倉温泉 加賀屋」の若女将さんが防府へ・・・?

 

何と、衆議院議員 高村正大氏(自民党副総裁 高村正彦氏ご子息)の奥さまのお姉さま

 

高村正大氏奥さまのご挨拶

 

元CA(ANA? JAL?)で、羽田空港〜小松空港のフライトでご主人さまと出会ったそうな・・・

 

胸に付けておられたバッチのことで声を掛けたのが若女将で、決してナンパした訳ではないそうだ(笑)

 

そういえば、私も「幸せます」バッチを付けてJALに搭乗した際、CAさんに声を掛けられたことがある

 

あら、チャンスを逸したかな??

 

 

若女将さんの話を聴いて、ますます「加賀屋」さんにお伺いしてみたくなった

 

女房孝行でもするかな(これからしっかりお小遣いを貯めなきゃ・・・)

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

スポンサーサイト

  • 2018.11.16 Friday
  • 18:04
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    ブログ村

    山口ブログ

    ぶろぐ村

    ブログランキング

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM