一人ではないんだよ!

  • 2017.11.23 Thursday
  • 17:05

 

先日会食を共にした某印刷会社社長

 

その後、何か気になる・・・

 

1ヶ月前に発注したラベルの版下の確認が出来ておらず、指摘すると言い訳ばかり

 

元々は山陰地方の印刷会社の山口営業所。独立し、社長となって4年

 

毎週、洗濯物を持って4時間30分かけて帰省

 

帰省すると、野菜嫌いの私に野菜を届けてくれる

 

ご子息が有名デパートに産直野菜を納入する若手就農者で、出荷が終わり畑に放置?してあるとか・・・

 

 

私が足を骨折して入院した際、一番にお見舞いに来てくれた

 

彼が入院した際、私は真っ先にお見舞いに行ったが「面会謝絶」

 

 

受付でゴネる私に「ご家族より先には会えません」と病院関係者

 

余程重篤だと思い「死んだらアカンで」とメールを打ったものの、でき物を切り取っただけだった

 

 

女房に話すと「ホカ弁ばかり食べておられるみたいだし、家にお呼びしたら」と言ってくれた

 

彼に電話をするも「電源が入っていないか、電波が届かない・・・・」

 

翌朝、電話するも出ない

 

午後電話が掛かってくるも、私は入札参加中

 

SNSで「15:30 会社に来社されたし」

 

 

事務所に入って来た彼を見て驚いた

 

髪は寝癖でボサボサ、ワイシャツはヨレヨレで、ネクタイは曲がっている

 

 

ダンディな彼からすれば様子が明らかにおかしい、変・・・

 

「どうしたの?寝てたの?」

 

「いや、そんなことはないけど」

 

「一体どうしたの?」

 

「実は精神的に病んでいるようで・・・」

 

「病院には行ったの?」

 

「うん。うつ病と言われた」

 

「薬は飲んでるの?」

 

「今は飲んでいない」

 

「病院を変えて、ちゃんと精神科医に相談したほうが良いよ」

 

「それが、何をやるのも億劫で・・・ラベルの版下が遅れて申し訳ない」

 

「他の人を使ってでも仕事のルールは守らなきゃ」

 

「社長稼業って孤独だとしみじみ感じている・・・」

 

 

数年前の弊社社員がうつ病で亡くなった苦い経験が想い出される

 

発症し、3ヶ月後に復職、それから4年が経過し、弊社を退職する1週間前、自ら・・・

 

家族から孤立し、会社の退職が決まり、自分は必要ない人間だと・・・

 

退職を認めなければ良かったのだろうか?未だ自問自答する

 

 

ライオンズクラブを退会し、人との交流が少なくなったという社長

 

そこで、彼がライオンズクラブ幹事で活躍した時の会長(割烹の女将さん)のお店を予約した

 

女将さんも一緒に食卓を囲んでもらえることになった

 

自分が輝いていた時を想い出して欲しい

 

決して1人ではないんだよ!Kさん

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

スポンサーサイト

  • 2017.12.13 Wednesday
  • 17:05
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    ブログ村

    山口ブログ

    ぶろぐ村

    ブログランキング

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM