父の日のプレゼント??

  • 2017.06.18 Sunday
  • 12:26

 

昨夜、次男が我が家へ(社会人になったら自立をさせるため別居)

 

(もしや、父の日だから?)

 

「来週の土曜日、24日に予定はあるの?」

 

(何だ?何だ?)

 

「いや、今のところ予定はないけど」

 

(妙な胸騒ぎ・・・)

 

「彼女を紹介したいのだけど連れて来て良い?」

 

(遂にその日が来たか・・・)

 

「お母さんに言っておけよ」

 

(取り敢えず、責任転嫁)

 

「お母さんには言ったよ。お父さんに言いなさいって」

 

(な〜んだ、外堀は固めてある訳だ)

 

「それなら良いけど、どうする予定?」

 

(まだ結婚を認めたつもりはないけど・・・)

 

「一緒に晩飯でもどうかと思って・・・例の串揚げの店はどうかな?」

 

(まあ、個室になってるし雰囲気は悪くない)

 

「あの店は土曜日は客が多いぞ」

 

(それに、ちょっと遠いし・・・)

 

「だから、お父さん予約取ってよ」

 

(あのね、こんな時ばかり俺を利用すんなよちゅん

 

「分かった」

 

 

女房はキッチンで聞き耳を立てている

多分女房もグルのような・・・

 

何となく出来レースのような気がしないでもない

 

 

思い起こせば、次男は小学1年生の時交通事故に遭い、左足を骨折

 

折しも、年末の12月30日

 

休日指定病院がヤブと評判の病院で、救急隊と大喧嘩をし、自ら県立医療センターへ搬送した

 

3ヶ月の入院生活で女房は付きっきりで、小学生の長男と幼稚園児の三男との3人での生活

 

やはり兄弟、夕食を一緒に食べたいとお弁当を買い病院で食事

 

休日は私がお弁当を作り、病院に持ち込み親子で食べた

 

中でも、好評だったのがイカそうめん(イカを切るだけだが)と、豚肉のコーラ煮

 

1ヶ月を過ぎ、松葉杖を使えるようになった頃、次男から手紙をもらった

約20年前のものだが、今も大事に取ってある私の宝物

痛くて、泣きながら頑張っている息子に代わってやれるものなら、と何度思ったことか・・・

 

お母さんを次男に独り占めされたと感じた三男は寂しそうだった・・・

 

年月が経つのは早いものだ

 

自分の息子がお嫁さんを紹介する日が来るとは・・・

 

まあ、父の日のプレゼントと思えば・・・悪くないかも・・・

 

ふと、今年29歳になる長男の顔が脳裏を横切った

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

スポンサーサイト

  • 2017.06.22 Thursday
  • 12:26
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    う〜ん、さみしくはありませんが、嬉しくないといえば嘘になりますね。
    男の子ばかりですので娘ができるようで照れくさいという感じでしょうか・・・
    • いちうま
    • 2017/06/19 8:17 AM
    うれしいような、さみしいようなですか?男の子だからそうでもないですか?孫ができる方がうれしいですからね(^0_0^)
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    ブログ村

    山口ブログ

    ぶろぐ村

    ブログランキング

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM