夏こそ味噌汁を飲みましょう!!

  • 2018.06.27 Wednesday
  • 13:51

 

地元ボランティア団体の総会が弊社で行われ、そのまま味噌作り

 

今年で3回目

 

皆さんもう味噌作りに関してはベテランで、細かい説明をする必要もなく私は楽をさせて頂いている

 

でも一体何故弊社で総会を・・・?

 

皆さん口を揃えて仰る

 「自分で作るからかも知れんけど、このお味噌が美味しいんちゃ」

 「毎年味噌作りが待ち遠しいんちゃ」

 「いちうまさんの話がタメになるんちゃ」

 

なるほど・・・場所を移動するのが面倒だから弊社で総会を開かれるって訳だ

 

唯一の男性に「モテますね」

 

「いや、女性ばっかりだと揉めるんよ」 (モテるんではなくて、揉めるんですか〜)

 

なるほど・・・特にここだったら第三者の目もあるから揉め難いって訳だ

 

現地(弊社)集合、総会、味噌作り、お弁当配布で現地解散

 

 

今年もお話をさせて頂きました(タメになるかは知らないけど)

 

今回のテーマは「夏こそ味噌汁を飲まなきゃいけない理由」

 

今日も暑かった・・・

 

「気象庁が発表した予報によると、7月の気温は例年に比べ高く、8月は例年通りの暑さが予想されるとのことです」

「そして今はまだ梅雨で、体がまだ暑さに慣れていない時期にも関わらず季節を先取りした暑さです」

「そこで、暑いといえば熱中症が問題となりますが、その大部分が室内での発症だそうです」

「高齢者は体温調節機能の衰えが原因と言われています」

「マスコミも熱中症対策のために”こまめに水分を摂りましょう”と言います」

 

 

ここで私が話の間を取る際のパターン

 

「では、質問です。人間の血液中のNaは何%でしょう?」 (誰も目を合わしてくれない・・・)

 

「血液1000ml中に約9gの塩が溶けていますので、0.9%です」

「こうも暑いとどうしても汗をかいて水分をたくさん摂ります」

「汗をかいた時には、水分だけでなく塩分も失われているのです」

 

「するとどうなりますか?」 (早く言えよ!って目しないで・・・)

 

「体内塩分濃度が薄まります」

「そのため水分だけでなく、それに塩分をプラスしたものを取ることが必要となります」

「点滴に用いられる生理食塩水も0.9%で、体液と同じ浸透圧で等張液と呼ばれています」

「それよりも身近に良いものがあります」

 

「味噌じゃないの?」

 

「正解です。お味噌汁の食塩濃度は0.9〜1%ですので生理食塩水とほぼ同じです」

 

 

「夏は暑いからねえ。あまり作らんのよ」

 

「そんな時には冷やし味噌汁が良いですよ」

「冷たいものは塩味を感じやすいと言われているので、氷を入れて薄めでもおいしく食べることができます」

「冷たいお味噌汁は夏野菜も合うので、キュウリやトマトを入れることもできます」

「また、夏バテで弱った胃腸を整え、栄養を吸収しやすくする働きもあります」

「お味噌には利尿作用がありますので、体内の水分やナトリウム濃度を調整してくれます」

夏こそお味噌汁をしっかり飲むようにしてください

「来年も是非お味噌を作りに来てください」

 

「以上、夏こそ味噌汁を飲まなければいけない理由についてのお話を終わります」

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

少しでもお役に立てれば・・・

  • 2018.05.26 Saturday
  • 08:58

 

今から2ヶ月前、1通のメールを頂いた

 

「勤め先で米麹を作っているのですがなかなかうまいこと作れず、少しでも麹造りのヒントになればと思いお伺いしたいのですが」
 

「私でお役に立てるのであれば喜んでお手伝いをさせていただきます」と返信

 

「只今、甘酒用の米麹造りに四苦八苦しています。種麹屋さんから基本的には味噌用の米麹造りと同じでいいですよと言われましたが、味噌用の米麹を造った事もありませんし困っています」
 
そして昨日、隣市の周南市まで来たのでお伺いしたい、との連絡があり来社された
名刺の交換をして驚いた  〇〇酒造株式会社 製麹(せいぎく:麹をつくること)主任さん
今や10代以上の日本国民、更には外国の方々にも言わずと知れた企業の方

 

 

「麹作りのプロがどうして私なんかのところへ???」

 

「ネット検索をして、この会社、この人、と思いました」

 

「・・・」(どんな検索したの???)

 

 

最近、酒造会社の製麹は自動化され、杜氏がいない酒蔵が多いと聞く

 

スイッチさえ入れれば、プログラミング通り温度コントロールされ麹ができる

 

はっきり言って、誰にでもできる(と、思う)

 

 

「甘酒用の米麹を作る際、基本はお米1Kgあたり2gの種麹です」

 

「えっ!お米350Kgで100gの種麹を使っています」(少なっ、1/10じゃん・・・)

 

大吟醸酒や吟醸酒を造る感覚で甘酒用の麹を作られているみたい

 ※大吟醸酒や吟醸酒は、お米100Kgあたり20〜30gの種麹

 ※一般酒は、お米100Kgあたり70〜80gの種麹

 

ひょっとして、大吟醸甘酒でも作るのかな??

 

 

お米の吸水率、製麹室の室温、湿度などお聞きすると大体の麹のイメージが湧いてくる

 

「出来た麹は簡単にほぐれますか?」

 

「手でほぐしていけばバラバラになりますが、柔らかいですね」

 

 

「でしょうね。温度を気にしすぎて麹本来の持つ力を引き出せずにいますね」

 

 

その後色々と私見を述べさせていただいたが、正解と言えるものはお話できなかったと思う

 

なぜなら、私自身麹作りから甘酒を作ったことがないからだ顔

 

しかし、彼に少しのヒントと、課題と、やる気を与えることはできたと思っている

 

帰り間際の彼の顔は、最初にお会いした時とは全く違っていたように思う

 

相当なプレッシャーを感じておられたようである

今となれば、それがメールの「四苦八苦」に表されていたのかなと思う

 

でも今、酒蔵の製麹が自動化されたのも、血の滲むような努力をされた方がおられたが故のこと

 

もっと苦労してください、もっと悩んでください

 

そして、いつでも私を訪ねて来てください

 

 

と、ここまで書いているとメールが届いていた

 

お見えになった製麹主任の方からでした

 

 昨日はお忙しいところ時間を割いて頂き誠にありがとうございました。
 いちうま様のお話は、今までの概念を覆す事ばかりで目から鱗が落ちる思いでした。
 昨日お聞きした事を今後の麹造りに是非活かして行きたいと思います。
 本当に有難うございました。

固定観念にとらわれていると物事は解決しないことが多々あります
一度原点に戻って、逆発想、思い切りも必要です
私で少しでもお役に立てることがあれば、いくらでもお手伝いさせていただきますgood

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

目の行き届く原料:〜安心・安全を求めて〜

  • 2018.04.27 Friday
  • 18:00

 

昨日、全農山口・山口県主催の裸麦「トヨノカゼ」産地交流会がJA山口美祢市秋芳支所で開催された

 

 

県内の裸麦生産者と加工業者の交流会である

 

美祢市は、県内裸麦作付面積(約400ha)の半数を占める210haを誇る

 

生産者も多数出席

 

県内加工業者のうち、県内産裸麦を使用している主な3社が出席

 

「目の行き届く原料」にこだわっている弊社も出席

 

レジュメを準備し商品説明をするS社、真面目に要望を話すT社

 

「今朝お味噌汁を食べられた方、手を挙げて頂けますか?」と切り出す私

 

約150名中約30名ほどが挙手手

 

「まあ、こんなもんでしょ。裸麦を生産されているのに何故お味噌汁を食べないんですか?」と、ややキレ気味に話し出す

 

裸麦の県内消費はほぼ全量が麦味噌の原料となる(他県は麦茶にも使用)

 

健康寿命、味噌の効能、特に米味噌に比べ麦味噌が身体に良い理由など、みそソムリエとしてうんちくを始める

 

(あらら、脱線気味・・・)笑

 

締めくくりとして、

「弊社は山口県産麦が一番良いと思っているので、山口県産の麦しか使用したことがありません。何が良いとか悪いとか比較対象がないので分かりません。これまで通り良いものを作ってください。以上です」

 

 

平成22年に「イチバンボシ」から「トヨノカゼ」に品種変更

 

弊社に県農林試験場から試験製造依頼があり、弊社のGOサインを皮切りに3年後作付けが100%「トヨノカゼ」に切り替わる

 

やや小粒で病気にも強い「トヨノカゼ」に変更することにより、収穫量並びに精麦歩留まりがアップ

 

美祢市の場合、収穫量は年によって変動はあるが、平成29年 131Kg/10a

(10a=1反=991.74m=302.5坪)

 

300坪で130Kgの収穫量・・・

 

う〜ん、多いのか少ないのか・・・??

 

単収でみれば、200Kg/10a以上収穫している生産者の方もいらっしゃるようである

 

H30年産の生育状況は冬季の低温、長雨による縞葉枯病などの病害が発生

 

排水対策が今後の課題

 

 

裸麦の作付が行われている、ほ場を見学

 

 

 

   水はけの悪い畑        水はけの良い畑

 

水はけの悪い畑はやや生育不良

 

 

広大な土地に麦畑が広がる

 

 

来月収穫

美味しい麦味噌になることだろう

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

「温故知新」:祖父の遺したもの

  • 2018.03.28 Wednesday
  • 16:07

 

先日、キャビネットを整理していると1枚の色褪せた紙が出てきた

 

その時は特に気にも留めなかったが、本日改めて目を通して驚いた驚き

 

昭和9年に特許を申請しているのである

防府市が佐波郡三田尻村の時代である

 

 

申請者は祖父

 

「固形味噌製造法」とある

 

昭和9年に乾燥味噌を考えていたとは・・・

 

その当時(今も)、味噌は保存食と考えられていた時代

そんな時代に、携行食として軽量化を考えていたのだろうか?

 

だとすれば、全国組織の理事を務めた祖父だけのことはある拍手

 

そして私の前職は、フリーズドライ食品(凍結乾燥食品)の商品開発

 

更には、私も味噌関連の特許を持っている

 

俄然、祖父の特許を再現してみたいとの思いに駆られたわーい

 

しかし、旧字体とカタカナばかりで、読んでいると頭が痛くなってくる・・・顔

 

読み進めると、

 こんな原始的な方法が特許?

 衛生面は大丈夫なの?

 保存性は?

と、次から次へと疑問が・・・

 

今から84年前、祖父がどんな思いで、何を考えていたのか

その時代にタイムスリップしてみるのも良いだろう

 

ふと頭に浮かんだのが「温故知新」〜古きをたずねて新しきを知る〜

 

新しい見解を拓く参考になるかも知れない

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

韓国のお土産を頂きました

  • 2017.10.31 Tuesday
  • 19:50

 

本日、防府高校2年生のAさん、MさんがU先生(TOEIC担当)と共に来社された

                 

1987年(S62年)山口県と大韓民国 慶尚南道が姉妹提携締結

1997年(平成9年)山口県教育委員会と大韓民国 慶尚南道教育庁が友好提携を締結

以来、毎年高校生相互交流を行っている

 

慶尚南道は、大韓民国の南東部に位置する行政区

 全羅南道、全羅北道、慶尚北道に接している

 慶尚とは主要都市、慶州、尚州を組み合わせた言葉であり、この周辺地域を慶尚道と呼ぶ

 

10/24〜 県立高校6校 12名の学生が大韓民国 慶尚南道の高校を訪問

 

そこで、防府高等学校生が選んだ発表テーマが「みそ」

 

今夏より味噌の指導をさせて頂いてきた

 

第1回目は、味噌の歴史、味噌の種類など、出前授業で使用したスライドで座学

 

第2回目は、とにかく味噌のことを知ってもらうために味噌作り体験

8/31 夏休み最後の日に汗をかきながらの味噌作り焦り

 

10月中旬 味噌の水が上がってきたとの連絡を頂いた

 

これは「味噌ができたよ〜」の合図だから食べれるよ、と連絡

 

その後、宇部の講演で使用した資料を追加

 

北朝鮮の問題もあり、今年は交流事業の中止も懸念されるところだった

私は、しょうゆ出前授業やJAS立ち入り検査等で慌ただしく、すっかり忘れていた

 

 

そして、本日お手紙と韓国のお土産をいただいた

お手紙を抜粋(原文のまま一部)

 出来上がった味噌がとっってもおいしかったです!

 母も「この味噌とてもおいしー!!」と喜んでいました!

 教えていただいたこと、資料などのおかげで、私達のプレゼンは成功することができました。

 県庁の方や先生方にも褒められる程よくできました。

 この内容だったから自分たちの発表に自信がもて、しっかり発表できたのだと思います。

 本当に大変お世話になりました。 (Aさん)

 

 今夏よりご多忙の中、私達の韓国でのプレゼンのために様々なお力添えをいただきありがとうございました。

 先日、無事に韓国でのプレゼンを終えることが出来ました。

 プレゼンを通して、韓国の高校生だけでなく、日本の高校生にも味噌の事を深く知って貰えたのではないかと思います。

 また、私自身もこれまでよりも深く味噌について知ることができました。

 味噌を食べる際に、味噌をただ食べるだけでなく、味噌の種類や栄養価、健康効果などを考えて食べるようになりました。

 これからもこの経験を生かして、日々の学校生活を送っていきたいと思います。 (Mさん)

 

 

県関係者、先生方からも褒められたというのだからプレゼンは上手くいったのだろう拍手

 

しかも英語でスピーチ驚く

U先生も英訳作業はさぞかし大変だったと思われる

 

本当にお疲れ様でした

 

そして、私のような者が少しはお役に立てたことが何よりも嬉しいわーい

 

ご丁寧にお土産まで頂いた

韓国のりのふりかけかな?

 

 

ハングル文字分からない・・・

 

明日みんなでいただきます

 

ありがとうございました!!!

 

 

またいつでも遊びに来てくださいね(女子高生は苦手だけど・・・)恥ずかしい

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

野菜で高機能味噌汁

  • 2017.10.04 Wednesday
  • 18:00

 

久々のブログ

 

雑務に追われついつい・・・

 

 

先月28日、宇部市文化会館で開催された「AYSA 2017秋の特別セミナー」で講演(お話し)をさせて頂いた

 

錚々たる講師陣の中に何故か私が・・・

 

やまぐち健康応援団、みそソムリエとして演題は「味噌のチカラ」

その中から一部を―

 

平均寿命:山口県民 47都道府県中 男性 39位、女性 37位

     日本は香港に次いで世界第2位(男性 80.98歳 女性 87.14歳)

 

健康寿命:山口県民 47都道府県中 男性 27位、女性 7位

     日本はシンガポールに次いで世界第2位

※健康寿命:人に頼らず自分で身の回りのことができる期間

 

不健康期間:男性8.84年 女性 12.35年

      日本は世界第1位

※不健康期間:平均寿命から健康寿命を引いた期間(言い換えれば、寝たきり期間)

 

最近の発表では、90歳以上 206万人

        65歳以上 3514万人 男性 1525万人(24.7%)、女性1988万人(30.6%)

総人口に対する65歳以上の高齢者人口の比率(老年人口比率)が21%以上は超高齢社会と言われるが、何と27.7%!

 

医療の進歩や生活水準の向上に伴う高齢化は望ましいことだが、国民としては自身の老後をしっかりと見据え、日頃から運動や生活習慣の見直し、健康に努めるように努力していくことが最も大切だと思う

 

理想は、健康寿命を延ばすこと(不健康期間を短くする)

 

アンチエイジング(抗老化・抗加齢):老化は自然現象として認め、如何に健康的に老いるか

その為にも、バランスの取れた食事、適度な運動、十分な睡眠を取り、規則正しい生活をすること

 

そこで、欠かせないのが一日1杯以上の野菜たっぷりの味噌汁

味噌汁を飲む→味噌汁を食べるという意識を持つ

 

野菜は第7の栄養素といわれるファイトケミカルを多く含む

野菜のエキスから取ったダシ 野菜(Vegetable)+出汁(broth)=ベジブロス

 

野菜のエキスから出汁を取った、野菜たっぷりの味噌汁は上品な味

 

 

今回も頂きました 「おのだネギ三昧」

 

早速、女房が作ってくれました

大根、たまねぎ、人参、里芋、しめじ、ごぼう、豚肉入り味噌汁

 

そこに、刻んだたっぷりの「おのだネギ三昧」

 

「おのだネギ三昧は、他のねぎと比べて風味も良くて優しい味よね」と、女房

 

本当に美味しくいただきました

 

そして、元気になったような気がします

 

まさに、味噌と野菜のちからで高機能味噌汁!!

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

セミナーで紹介してください

  • 2017.06.30 Friday
  • 18:03

 

昨日のブログを観られたAYSAの方から連絡を頂いた

 

AYSA(A:明日の Y:山口を考える S:シニアの A:集まり) だったかな?

 

山口の明日を、何とかせんにゃいけん と、これまで培った経験を活かすべく集まったシニア団体

 

 

今秋「食と健康」をテーマにしたセミナーを開催する予定で「ファイトケミカル」「ベジブロス」の紹介を、とのこと

 

尤も、私が「ファイトケミカル」という言葉を知ったのも、昨秋のこのセミナー

 

自分では「学習能力高いでしょ」と自慢しているが、要するにパクリ(笑)

 

実にありがたいというか、意外なお話で戸惑いも・・・

 

聴講者から立場が逆転

 

 

他のテーマ、講師の方は・・・

 

ナビゲーター 西村国際弁理士

^絣愿新事実 山口大学医学部大学院 小林教授

¬邵擇里舛ら グリーンハウス 松村社長

LA垢里舛ら (打診中)

こい里舛ら  マルハニチロ 今村課長

EPA強化水練品の開発 山陽食品 専務or課長

Α別つ蝓

А別つ蝓

 

テーマが”味噌のちから”とあらば、味噌ソムリエ いちうま君の出番かな?

 

まあ、あとはギャラ次第ってことで・・・(爆笑)

 

 

でも、マジで「みそ」と「やさい」がタッグを組めば、最強のサプリメントになると確信している

 

 

と言いつつ、

 

サントリー「DHA&EPA+セサミンEX」約30日分無料お試しセットのキャンペーンに応募して当選

サントリーさん、あざ〜っす

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

日本人の「もったいない」精神2

  • 2017.06.12 Monday
  • 20:21

 

先日、消費期限が1日過ぎたアンパンを食べたが特に異状はなかった

 

「あんぱん消費期限過ぎてたよ」

 

「大丈夫よ。前の日の夕方買ったものだから」

 

「いやいや、朝作って売れ残りかも知れないでしょ」

 

「私はお昼に食べて大丈夫だったわよ」

 

(いやいや、あんたと一緒にせんでくれ。私ゃー、デリケートにできてるんで。毛染めをすれば頭皮が被れるし、注射のアルコール消毒で皮膚が真っ赤になるし・・・)

 

 

私は仕事柄、スーパーのバックヤード、コンビニの従業員通路、病院やホテル・飲食店の厨房に出入りすることが多々ある

 

まあ、廃棄物の多いこと、多いこと

 

裏口に産廃業者のトラックが1日に何度もやってくる

 

 

今日、あるスーパーで大量のパンがゴミ箱に捨ててあった

 

発注(見込み)ミスかも知れないが、タイムセールなどで販売できなかったのかな?

 

イベントなどでは、初日開店間際と最終日の閉店間際が最も賑わう

 

最後の投げ売り目当てのお客様でごった返すのだ

 

そういうお客様もいらっしゃるということ(尤も、お店のプライドがあるのかも知れないが・・・)

 

 

コンビニ名は明かせないが、私の知り合いにコンビニの破棄弁当を「お腹が痛くなっても救急車を呼ばない」という条件で譲り受けている方がいる

コンビニ弁当は冷蔵庫に入れておけば3日間は摂食可能、4日目はさすがに加熱して食べるとのこと

そして、これまで救急車を呼んだことはないそうだ

 

品質に問題がないのか、彼の内蔵が恐ろしく丈夫なのかは分からないが、多分前者だと思う・・・

 

 

私は、みそソムリエとしてお話をさせて頂く機会が増えた

 

その際、「一汁一菜」もしくは「一汁二菜」をお勧めしている

そもそも「一汁一菜」は「お味噌汁」「ご飯」「漬物」だけで形作られてきたものである

 

晩ご飯のおかずを悩むなら、具だくさんのお味噌汁にすれば十分おかずを兼ねると思う

 

更には、お味噌汁の出汁は野菜の皮などを利用すれば良いのだ

 

普段は何気なく捨てている野菜の皮にはファイトケミカルが多く含まれる

 

食べるのは・・・という方は、ベジブロスがオススメ

 

野菜(ベジタブル)+出汁(ブロス)でベジブロス

 

 

簡単にベジブロスの作り方を説明すると、

 

  1. 野菜の捨てる部分を200g(例えば、玉ねぎ、人参の皮とヘタ、さつまいも、じゃがいもの皮、ネギの青い部分、キャベツの芯など)を鍋に入れ、水を1300mlと小さじ1の料理酒を入れ、弱火で30分から40分ほど煮たら火を止めてザルで漉す
  2. この出汁を使って、お味噌汁や煮物などを作ると動物系の出汁に比べさっぱりとした味になります
  3. で、作ったお味噌汁がこれ ↓

ちょっと物足らない場合は、動物系の食材(豚肉)を入れて

 

 

ノーベル平和賞を受賞した、ワンガリ・マータイさんは日本語の「もったいない」に感銘を受けて、「MOTTAINAI」キャンペーンをした

 

ところがどうだろう

 

一番もったいないことをしているのは日本人のような気がしてならない

日本人の「もったいない精神」はどこに行ったのだろうか?

 

捨てて当たり前だったものを価値あるものへと変貌させ、目の前にある食べ物を無駄なく食べ切ること

 

それが環境保護の活動にも繋がるのではないだろうか?

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

えのき氷減塩味噌

  • 2016.11.18 Friday
  • 17:02

 

先日、じばさんフェアで購入した「えのき氷減塩みそ」

 

500g ¥650(税込)

一般的なお味噌と比較すれば、まずまずの値段

 

それもそのはず・・・えのき氷5個入り味噌

こちらではなかなか入手しにくい

 

メーカー説明によると、

食物繊維・キノコキトサンを含んだ「えのき氷」5個(約150g)を配合したお味噌
日本きのこマイスター協会監修

信州中野産・えのき茸使用
麹歩合は9割麹(米:大豆=9:10)

 

 

そもそも、「えのき氷」とは?

 →ペースト状にしたえのき茸を煮詰め、凍らせたもの

 

何故、えのき茸なの?

 →えのき茸は低カロリーで食物繊維も豊富で、ビタミンB群やビタミンD・ミネラルなどの成分もたっぷり含まれており、キノコキトサンを他のキノコより多く含有している

 

何故、ペースト状にするの?

 →えのき茸の食物繊維を破壊することで細胞内に含まれる成分を引き出しやすくするため

 

何故、煮詰めるの?

 →時間をかけて煮出すことでより多くの成分が抽出されるから

 

何故、凍らせるの?

 →細胞壁はとても強固にできているので、外に出にくい成分もたくさんあり、冷凍することにより細胞を膨張させて細胞壁を壊し、残った成分を引き出す。こうすることで、腸からの吸収率が格段にアップする。また、氷にすることでキノコキトサンの吸収率は通常の12倍にもなる

 

どのような効果があるの?

 →ダイエットに効果があるだけではなく、健康や美容にも非常に優れた効果を発揮する。食物繊維がたっぷりと含まれており、女性に多い頑固な便秘に効果を発揮する。便秘が解消されると体の中に溜まった老廃物がきちんと排出されるようになるので、基礎代謝も活発になり肌のターンオーバーも正常なサイクルを保てるようになる。また、トレハロースという肌の潤いを保持する成分や毒素を排出する働きをするグアニル酸という成分を豊富に含んでいるため、体の内側から美肌へと導いてくれる

 →えのきに含まれるキノコキトサンには、血液ドロドロの原因である中性脂肪を下げサラサラにする効果がある

 →キノコキトサンには摂取した脂肪を包み込み体外に排出する効果や、胃をコーティングしてコレステロールの吸収を妨げる効果があり、このWの効果によって血中のLDLコレステロールや中性脂肪の値を下げる

 →内臓脂肪を減少させる効果が期待できる。豊富に含まれるエノキタケリノール酸という成分が、中性脂肪を分解して酵素を活性化し内臓脂肪を減少させる。さらに、キノコキトサンには内臓脂肪燃焼のサポートをする効果があ

 

 

さまざまな効果が期待できるえのき氷だが、残念ながら即効性は望めない

しっかりと効果を実感する目安は、体の細胞の入れ替わる3ヶ月といわれている。もちろん、一度に入れ替わるのではなく毎日少しずつ入れ替わっていくため、慌てず、じっくりと取り組む必要がある。また、効果が出たからと止めてしまうと効果がなくなってしまうため、継続することが大切

 

 

【えのき氷のつくり方】
エノキタケ300g(2袋分)に水400mlを準備する

※えのきはミキサーにかける前にお日様にしばらくあてるとビタミンD2が増え

1.エノキタケは石づき部分を切り落とし1/3にカットし、ミキサーにエノキ、水を入れて30秒ほどかけペースト状にする

2.鍋にかけ沸騰させる。煮立ったら弱火にして焦げないようにかき混ぜながら1時間ほど煮詰める

3.火から下ろし粗熱を取り、製氷皿やジッパー付きの袋かタッパーに入れて凍らせ

※保存期間は約2ヶ月

 

【えのき氷の使い方】
汁物、煮物等調理の際入れるだけ

摂取量は1日3個が目安(製氷皿で作った場合)

摂り過ぎも良くない

※保存は冷凍庫

 

 

早速、夕飯で「えのき氷減塩味噌」を食べてみることに

 

「今夜はえのき氷味噌でお味噌汁を作って」

 

「米味噌よね。どんな味なのか楽しみね」

 

夜、自宅に帰り、食卓に運ばれてきたお味噌汁を一口すすって

 

「あれっ?えのき茸こんなに長いの?」

 

「具は、玉ねぎとえのき入れたから」えのき

 

「これね、えのき氷の入ったお味噌」

 

「あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ」驚き

 

食事中、会話のない気まずい15分間を過ごす顔

 

「明日はちゃんと頼むね」

 

「ごめんね・・・」ごめん

 

 

翌日、湯豆腐・・・

 

「お味噌汁要らないよね」

 

「明日はえのき氷のお味噌汁頼むよ」怒り

 

 

3日目、ようやく出てきました

 

 

少し粘性のあるお味噌汁で、確かにえのきの風味が感じられる

 

「おもしろい。でも、少し塩辛いかな?だしは入れた?」

 

「無塩鰹だしを少し」

 

少しお湯を足すが、塩カドが取れなくしょっぱさが残る美味しい

 

成分表を見ると食塩相当量9.8g(100g中)

 

大体お味噌汁1杯で15〜20gのお味噌を使用するから、このお味噌汁1杯で1.47g〜1.96gの塩分

 

麹歩合も高く、塩分20%カット(中甘口)となっていたためもう少し甘いかと思った

食べてみなければ解らないものだ・・・

 

信州味噌は、やはり野菜をたくさん入れたほうが良いかも知れない

 

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

みそソムリエ合否判定:さて、結果は・・・?

  • 2016.11.11 Friday
  • 18:15

 

会社のデスクの上に数通の封書

 

まあ、これはいつものこと

 

その中に、一般社団法人 東京味噌会館からの封書

 

「もしや・・・」

 

先日受けた「みそソムリエ」認定試験の合否判定

 

 

さて、結果は・・・

 

 

全国約700名の「みそソムリエ」の一人になった

 

今後は「みそソムリエ」として、味噌のすばらしさを伝えていきたいと思う

先ずは、「野菜」と「味噌」のコラボ

 ※イメージです

 

 

今度は「調味料ジュニアマイスター」の試験を受けるかお財布と検討中

受講料 ¥116,600(税込)

 

う〜〜〜〜〜ん???

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

ブログ村

山口ブログ

ぶろぐ村

ブログランキング

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM