自然には逆らえないな

  • 2017.09.19 Tuesday
  • 16:37

 

台風18号の影響で予定が大狂い

 

予定していた次男のフィアンセご家族との顔合わせが来月に延期

 

 

友人の結婚式出席のため帰省中の長男も飛行機が欠航となり、予定通りに福島に帰れず・・・

 

結婚式が福岡で、当日は福岡泊

翌日JR九州は始発から全線運休

 

台風が接近する中、福岡に息子を迎えに行き、1日長く息子と過ごせる喜びを噛み締めながら台風と競争

車のワイパーがせわしく動き、両手でハンドルにしがみつく緊張の運転

 

あくびを噛み殺しながら付き合ってくれる息子と、夜通し大いに語る

も、女房がちょいちょい口出し (また話が脱線したよ〜)

 

 

昨日の敬老の日

長男を空港に見送りに行く際、母の大好きな和菓子を携えて母の入居する老人ホームへ

 

 

次男結婚予定の報告をする

 

涙ぐむ母・・・

 

「あなた達は本当に子育てに一生懸命だったわよね」

 

「自分が育ててもらった通りやっただけだよ」

 

「あなたの子供達は私の自慢。お父さまが生きておられたらどれだけ喜ばれたか・・・」

 

「まあ、結婚して所帯を持ってからだね」

 

「Kちゃん(長男)結婚は?」

 

母の手を握りながら、

「僕の結婚はいつになるか分からないけど、お嫁さんを連れて来るからそれまでおばあちゃん元気でいてね」

 

「ありがとうね。本当に立派になったわねえ」 (スリーピースに身を包み、黒縁メガネ、見掛けは・・・good

 

「今もね、車の運転中にペットボトルのジュースを飲もうとしたら、蓋を開けて渡してくれたんだよ」

 

「私なんかより全然気がきくんですよ」と女房

 

(うん、うん)頷く私を女房が睨む (お〜、怖っ)ごめん

 

飛行機の時間もあり約15分間の訪問だったが、久しぶりに母の満面の笑顔を見たような・・・

 

 

山口宇部空港に着くも大勢の人、人、人・・・大行列

 

台風の影響??

 

かと思いきや、前便のSFJがエンジンの不具合により欠航になったらしい

 

 

おいおい、大丈夫〜 (格安飛行機はねえ・・・)

 

息子の乗る飛行機は?? (ANAさん頼んまっせ)

 

台風で17日が全便欠航になり、そしてエンジントラブル

どれだけ多くの人が足止めを食らったことか・・・

 

空港ラウンジで仕事をするという息子を残して帰路につく

 

 

欠航がローカルニュースでも報道されなかったことをみると、報道されるのは氷山の一角

トラブル、欠航は日常茶飯事とのこと

 

JALは、4〜5年に一度行うエンジンのオーバーホールを経費削減のため中国に丸投げしているそうだ

万が一の場合、航空機事故は大惨事に繋がるだけに、確実に、より安全にお願いしたいものだ

 

自分が搭乗する際はあまり気にならないが、大切な人を見送る際は不安を感じる

 

夜、郡山に帰り着いたという連絡が来るまで心配だった

 

 

そして、今月末開催されるセミナーで使用するスライド、全く手付かず・・・

 

先日、アナウンサーの木場弘子氏の講演を拝聴したが、職業柄か話されることが多く、時間が長く感じられた

もっとスライドを活用されれば、居眠りする人も少なかったのでは?と残念に思った

 

話す内容の構想は出来上がっているが、あとはスライドをどう組み合わせるか

頭の中が台風状態・・・

 

今週末の連休は最後の追い込み

 

 

まったく台風で予定が狂ってしまった

 

自然には逆らえないな泣く

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

笑ってる場合かよ

  • 2017.08.18 Friday
  • 18:47

 

本日、弊社製品の一部を外注に出すため、打ち合わせを兼ねてある会社を訪問した

 

先ずは、食品工場の見学

 

建屋は築40年 外観・内部もまあまあ綺麗

 

機械設備は旧型とはいえ、まあ揃っている

 

気になるのは、働いている人達がジロジロ見ること 驚き

 

 

そして、ある部屋の前を通った時のこと

 

何やら焦げ臭い匂いが・・・

 

案内をしてくれている工場長に

 

「この部屋、焦げ臭くありませんか?」

 

「この部屋は低温倉庫ですから、火の気はありません」

 

「中を見せて頂けませんか?」

 

「今は何も入っていませんよ」と、渋々ドアを開け内部に

 

その時、視線の端に小さな動きを感じた

 

 

間違いなく焦げ臭い

 

 

約10坪のスペースに、空調(業務用クーラー)が1台

 

 

「穀物を保管するために室温を14℃に設定してあります」

 

ファンが廻っているが20℃はある

 

フィルターの掃除をしていないから?

 

気になるが部屋を後にした

 

 

その後、打ち合わせ、見積り依頼をして帰社しようとしたが、どうしても気になるあの部屋

 

お願いしてもう一度低温倉庫へ

 

やはり焦げ臭い


 

クーラーを送風から冷房に切り替えてみた

 

「パチッ」という音とともにクーラー停止

 

「これショートしていませんか?」

 

「いま調子が悪いみたいで・・・」

 

いやいや、そうじゃなくて・・・

 

「この部屋、ネズミいませんか?」

 

「はあ?時たま見かけます」 (先ほどの小さな動きはネズミだったんだ)

 

「コードをネズミに囓られているかも知れませんよ」

 

「そんなことはないでしょう」

 

 

予想通り、ゴムコードが割け、ビニールコードが裸線になっていた

 

 

おいおい、このクーラー動力で200Vでしょ

 

感電するよ

 

「そんなことがあるもんなんですな。はっはっはっ〜」

 

 

おいおい、笑ってる場合かよ怒り

 

こんな会社とは付き合えんな

 

外注に出すのは白紙にさせてもらおう

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

財布の紐を握った者勝ちだな

  • 2017.07.27 Thursday
  • 17:43

 

女房からお小遣いをもらった

 

「これ今月分?来月分?」

 

「来月分よ

 

「いや、今月分もらってないけど・・・」

 

「あら、そうだった?」

 

「もらってないよ」

 

「じゃあ、今月はどうしたの?」

 

 

今月は息子にお小遣いを渡したり、叔父の49日の香典やなんやかんやと、諭吉ちゃんに羽が生えていた月だった

 

 

う〜ん・・・??

 

あ!先月は講演料や総会のお車代、出張費の余りで10万円以上臨時収入があったんだ

 

 

「会社から仮払いしている」

 

「いくら?」

 

「5万円」 (10万円と言おうと思ったのだけど、小心者はコレだからな・・・)

 

「ごめんなさいね。これからは言ってね」

 

ふ〜〜っ、やったね!!

 

「5万円、会社の口座に返しておくわね」

 

「えっ!いや、違う口座だから・・・」

 

「違う口座って?どこの銀行??」

 

「秘密の口座」

 

「脱税でもしてるの?」

 

「馬鹿なこと言うなよ!だったらあんなに税金払うか!!」

 

「じゃあ、あなたに渡せば良いのね」 (そうだよ〜)

 

 

今から約10年前、1ヶ月のお小遣いは8万円だった

 

次男が高校の修学旅行が中国というので積立で2万円カット

 

中学時代は「俺、勉強解るから塾に行かなくても大丈夫」と言っていた三男が、高校になり「塾に行かないとついていけない」

 

おまけに、難関大コースだと・・・

 

 

塾代として3万円カット

 

今は子供達にも手が掛からなくなったので、お小遣いが上がるかな〜と淡い期待を抱くも、子供達の結婚資金を貯めなきゃと、先制攻撃で自然却下

 

ず〜っと、1日 1,000円亭主

 

 

 

今から29年前、結婚直後生活費として10万円渡した

 

一軒家で家賃は4.8万円 残りの5.2万円で光熱費、食費などやりくりした女房を信用し、翌月から財布を全て任せることにした

 

以来、お金に関して一言も口出しをしたことはない

 

 

昨日のテレビ番組で、亡くなられたご主人様が「日曜日は自分が休みだから、君も休みなさい」と、奥様に炊事、洗濯、掃除一切の家事をさせないで、朝はモーニング、夜は高級レストランで食事をさせて頂いたと、心温まるエピソードを話されていたご婦人がいらっしゃった

 

私も女房にはこれくらいのことをしてあげたいという思いは存分にある

 

あるが、何せ財布を握られているもんなあ・・・

 

 

やはり、財布の紐を握った者勝ちだな

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

相手はベンツだったっけ・・・?

  • 2017.07.25 Tuesday
  • 18:49

 

本日、損保会社から連絡があった

 

「7/4の事故の件につきまして、中間報告をさせて頂きます」

 

中間報告って・・・?

 

「過失割合ですが、こちらサイドが40%で相手が60%。先方のA保険さんも了承済みでございます」

「ただ、お相手の確認は取れていないとのことでございます」

 

「先方が納得していないのですか?」

 

「さあ、その点はちょっと解りかねます・・・」

 

 

ふと、一昨年新年早々の事故が頭を過った

 

弊社営業車(ボンゴ)が赤点滅信号無視で交差点に進入し、右から来た軽自動車が側面に衝突し、ボンゴが横転 

 

幸いにも弊社社員は指を切った程度で、特に怪我は無かった

 

一方、軽自動車の運転者は肋骨骨折

 

運転席を下にして横転しているボンゴから、弊社社員を救出したのは軽自動車の運転手

 

実に、肋骨が折れているにも関わらずである (火事場の馬鹿力か・・・?)

 

連絡を受け、私が事故現場に到着した時は現場検証も終わり、レッカー車が横転したボンゴを起こしている時

 

事故の状況を聞き、事故現場を目の当たりにし「良くぞこれで無傷だったな」と、感心したものだ

 

その後一旦帰社し、救急車で運ばれた相手のお見舞いに病院へと向かった

 

しかし、最近では肋骨が折れた程度では入院させないらしく、帰宅されたとのこと

 

時間は夜21:00を過ぎていたが、相手の方のご自宅にお詫びにお伺いした

 

相手の方も、自分も徐行をしていなかったのでと、恐縮されていた

 

 

ところがである。その後数ヶ月にわたって揉めに揉めた

 

両車輌共にスクラップ

 

弊社の車に積載していた商品はほぼ全滅(業務を終え、帰社途中だったので商品は少なかったが)

 

 

相手が車両保険に入っておられず・・・(走行距離18万キロ、10年落ち)

 

入院でもされれば、保険金も入ったのだろうが・・・

 

過失割合を80:20まで引き上げた

 

更に、弊社に誠意を見せろ!ときた

 

自他共に誰もが認める瞬間湯沸かし器の私がここまで耐えたのが不思議なくらいだったが、とうとう静かに噴火

 

 

「裁判で白黒つけましょう」

 

お相手の方も静かに幕引きをなさった

 

時間が経てば経つほど、悪知恵を入れる輩(あえて言わせてもらう)がいる

 

 

今回も・・・??

 

そして、驚いたのが

 

「こちらの車の修理代が約35万円、相手の方の修理代が〇〇〇万円になります」

 

「はあ?相手が〇〇〇万円??バンパーを取っ替えて、ウィンカー取り付けて唾でも付けときゃ直るのに」

 

「唾ですか?(笑)」

 

「いや、それくらい簡単な修理で済むんじゃないかと思えるんですけどね」

 

「まあ、先方も車両保険で修理されるそうですので、A保険さんがどう判断されるかです。当然当社でも審査しますけど」

 

「ひょっとして、相手の車はベンツだったんですかね」

 

 

 

あとは保険屋さんにお任せするとしても、後味の悪い思いはしたくないなあ沈

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

年は取りたくないなあ・・・

  • 2017.07.21 Friday
  • 17:33

 

梅雨が明け、毎日暑い、暑い・・・ダウン

 

こうも暑くては食欲もなくなる

 

「さっぱりしたものでも食べに行かない?」と、女房 (やったあ〜 言いだしっぺがお勘定)

 

「そうだな。蕎麦でも食べようか」

 

早速、市内のお蕎麦屋さんを検索するもたいしたお店がない

 

食べログ上位店に行くも、駐車場はガラガラ (行列も嫌だが余りにもお客が少ないのも・・・)

 

しばし車を走らせ、結局かっぱ寿司へ

 

 

くら寿司が市内に出店して以来くら寿司へ行っていたが、お味噌汁が不味くてすっかり足が遠のいた

 

せっかくあさりから旨みが出るにも関わらず、鰹だしが効き過ぎでお椀の中でケンカしている

 

だし入り味噌を使用されているものと思われるが、具材に応じたお味噌を使って欲しいものだ

 

 

かっぱ寿司では直ぐに席に着くことができた

 

さて、先ずはあさりのお味噌汁を・・・

 

「あれっ?タッチパネルが作動しない」疲れた

 

何度も何度も指で押すが画面が切り替わらない

 

故障?

 

女房が操作すると動く

 

「あなたは肌が乾燥しているからじゃない?」

 

ならばと、指を舐めタッチパネルに触る

 

「おっ、動くじゃん」

 

ふと数年前、携帯電話をスマホに替えられた方が、指を舐めながら画面をスライドさせておられ

 

「本じゃ無いのに・・・」と、心の中で笑ったことを想い出した

 

げっ、自分もそんな年に・・・ちゃん

 

 

流石に指を舐め舐めタッチパネルに触るのも、周りの視線が気になる

 

女房にパネル操作してもらうも、やはり自分の食べたいものを自分で選びたい

 

おしぼりで指を濡らしながらパネル操作するも、動いたり動かなかったり・・・

 

他のテーブルの同世代とおぼしき方は難なく作動している

 

すると、隣の席のご老人が

 

「爪で弾くと良いですよ」と親切に教えてくださった

 

するとどうだろう・・・

 

あ・ら・ら サクサク作動する

 

ひょっとして、私の肌は爪よりも乾燥してるってこと・・・??

 

 

はあっ〜ダッシュ 年は取りたくないもんだ顔

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

私は敗者になりたくない!

  • 2017.07.14 Friday
  • 19:07

 

今朝、昨日新人君とお母さんの親子ゲンカが勃発、との報告を受けた

 

昨日朝、彼が小学校の納品を間違えていたようで小学校からクレーム

 

母親がLINEで連絡

 

いつまで経っても帰って来ない

 

小学校の給食は時間制限もあり、何度も連絡すること約1時間

 

「あともう1件寄って帰る」との返信

 

かなり遅れて商品を納品することになったようだ

 

 

 

昨日は私が不在だったためか、彼は午後から夕方まで、事務所の一番涼しい他の者の机で不貞腐れたように電卓を叩いていたそうだ

 

母親とすれば、息子の失敗を目の当たりにはしたくない

 

どうやら親子で言い争いになったらしい

 

常日頃、クレームには直ちに対応すること!と、口酸っぱく言っている私

 

彼にすればそんなことお構いなしなのか?、軽く考えているのか?

 

昨日は暑かった。異常なほど暑かった

 

ミスは暑さのせいなのか、それとも気の緩みなのか・・・?

 

「社長がT君に甘いから」という声も聞かされた

 

う〜ん、考えてみればそうかも知れない

 

毎日、彼が営業に出る前に隣の自販機でコーラを買い与えている

 

今やルーティン化し、それが当たり前のようになり、お礼も言わなくなったような・・・

 

 

確かに私が甘いのかもしれない、と反省

 

障害者だから?

 

それはきっぱりと否定できる

 

私は彼をひとりの男として一人前にしたい

 

社労士、市議会議長からも、障害者を雇用しているのだから補助金の申請をしたら、と言われているが、私は障害者を雇用したつもりはないのでそのままにしている

 

もし、私が障害者を雇用したという気になったならば、彼を半人前として評価した時だろう

 

その時は、補助金の申請をすることになるだろう

 

そして、私は敗者に・・・

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

いつまでこの仕事を・・・

  • 2017.07.07 Friday
  • 16:12

 

なんの因果か、保育士Fくんから突然の電話

 

「ご相談したいことがあるのですが・・・」

 

一瞬、先日の事故が保育園で問題になっているのか?子供さんに何かあったのか?と、不安に駆られる

 

 

早番で仕事帰りのF君が訪ねて来た

 

随分しっかりしてきた彼を誇らしく思う

 

弊社での研修を希望する彼が、県職員・人材派遣会社の方と弊社を訪問

 

最初は「はい」「いいえ」「わかりません」の3語しか話さなかった彼

 

毎日、1行日誌(A4サイズ横)を書かせたが、

 1日目  疲れた

 2日目  しかられた

 3日目  今日は遅刻をしました

 

2日目に「たった3文字か!」と叱ったら、ひらがなで5文字 (2文字進歩拍手

 

早くも3日目は逃亡寸前で、母親に殴られて仕方なく出社 (お〜、漢字まで使って10文字驚く

 

お母様が弊社を訪問されたが「あなたに問題がありそうです」が私の感想

 

確かに、がたい(体格)の良い暴力母

自分の子供を褒めろとは言わない。けなすことはないだろ!と、正直腹が立った

 

彼を早く一人前にして、この母親から引き離さなきゃダメだと思った

 

一ヶ月経ち、二ヶ月経ち、三ヶ月が経った頃、どうにか彼も様になってきた

 

この頃には、日誌も一行が埋まるほどに

 

そして、6ヶ月の研修が終わる頃「僕は保育士になりたいと思います」

 

こうして彼は短大に進学し、保育士の資格を取り、晴れて保育士になった

 

参照:「男性保育士誕生」

 

 

「元気でやってるか?年長組の担任になったそうじゃないか?」

 

「はい。最近の子供はませてますから、言う事聞かなくて大変ですよ」

 

「ぶん殴っちゃえよ」

 

 

「いえいえ、そんなことしたら大変なことになります」

 

「だろうな。君の母親には務まらないな」

 

「それがですね、社長が伯母の前で母を叱ったせいか大人しくなりました。それに母の就職先まで心配して頂いたとか・・・」

 

「あ〜、息子の給料半分を取り上げる親なんていないぞ。お金がいるなら自分で働いて稼げ!って言ってやった」

 

「でも、まだそのまま払っています」

 

「アホか!家を出たほうが良いんじゃないか?」

 

「お金が掛かるでしょう」

 

「敷金、礼金、権利金なし、前払い家賃分割のアパートを紹介するよ」

「ところで、相談というのは何?」

 

「僕は今年27歳になります。5年先、10年先もこの仕事を続けられるんだろうかと・・・」

 

あ、気付かなかった・・・そう言われるとそうだな

 

「でも、保育士になると決めたのは自分じゃないのか」

 

「そうですが、その時は先のことまで読めませんでした」

 

「う〜ん、児童福祉施設に移るか?」

 

「でも、紹介した社長の顔を潰すことになりませんか?」

 

その時、私の脳裏に次男のお嫁さんの顔が・・・ 

 

「いや、俺の顔はアンパンマンと一緒で直しがきく」 (後釜は居るよ)(´∀`*)ウフフ

 

「考えてみます」

 

児童福祉施設には夜勤があるため、独身寮もあり、あの母親から彼を引き離すチャンスかも知れない

 

理事長、園長に彼の処遇をお願いしてみることにしよう

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

被害者ヅラするなよ・・・

  • 2017.07.05 Wednesday
  • 22:23

 

事故から1日経った

 

今朝、「昨日は申し訳ありませんでした」のお詫び

 

「まあ、済んだことだし今後はくれぐれも注意すること」

 

「はい。でも相手は絶対にスマホを触っていたか、子供に気を取られていたかで、交差点に入ってきたと思うんですよ」

 

(未だこんなことを言っているのか・・・)

 

「でも、私は実際に事故現場を見た時「やばいな汗」って思ったよ」

 

「どうしてですか?」

 

「こちら側の道路表示に停止線があったからだ」

 

(こちら側の進入経路:直進しようとしていた)

 

「でも、止まれの標識は無かったですよ」

 

「相手側には停止線も止まれの標識も無かっただろ」

 

(相手側の進入経路:右折しようとしていた)

 

相手の車のエアバッグが開いていなかったことから、スピードは出てなかったものと思われる

 

この団地に住んでおられ、いわば生活道路でまったく迷惑な闖入者(車)である

 

 

「僕もお詫びに行こうかと思ったけど止めました。こちらが被害者ですから」

 

「あのね、被害者というのは相手に100%過失がある場合であって、今回のケースはこちら側にも過失があると思わないか?」

 

「僕は普通に走っていただけですけど・・・」

 

「だったら車の修理代を全部相手に持ってもらえる訳だ」

 

「いえ、交差点の中ですから」

 

「だから、過失があるからこちらも加害者として負担する訳だろ」

 

「でも・・・」

 

「納得がいかないか?だったら会社は被害者だと思うか?加害者だと思うか?」

 

「会社は加害者ではありません」

 

「会社は被害者で、加害者は君だよ。被害者ヅラするのもいい加減にしろよダッシュ

「いいか、今君は試用期間中ということを忘れるな。本来なら採用はないところだちゅん

 

 

その後、彼のお母さんが出勤して来られた

 

「昨日はご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした。相手の方からお菓子まで頂いて・・・」

 

 

いえ、いえ、怪我がなくて何よりです

 

もうひとつのお菓子を本日みんなに配ります笑

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

事故りました・・・

  • 2017.07.04 Tuesday
  • 18:52

 

今朝、事務員が慌てて私を呼びに来た

 

「大変です。T君が事故を起こしたみたいです」

 

「どこで?怪我は?」

 

「交差点でぶつけられたと言っていました」

 

「ぶつけられた?」

 

聴覚障害の彼が警察官に囲まれ、質問攻めにされて困っている姿が目に浮かぶ

直ぐに駆けつけなきゃ・・・

 

聞いた場所に行くがそれらしき気配がない

 

会社に確認の連絡を入れるも、一方的に話して切れたとのこと

 

彼の行動予定を確認し、行き先を推測して車を走らせる

 

あ、あれかな?

 

「怪我はない?」

 

「はい。大丈夫です」

 

「相手は?」

 

「あの人です」と、指さす先には一人の女性

 

ヤンママ?

 

「最初めっちゃ文句言われました。めっちゃ怒っていました」

 

「ふ〜ん?どういう状況で事故になったの?」

 

「交差点で一旦止まって、車を出したら急に右からぶつかってきました」

 

 

相手の女性に、

「彼の会社の者です。この度はご迷惑をおかけして申し訳ありません。お怪我はありませんか?」

 

「はい」 (あらら、ご機嫌斜めですね)ちゅん

 

「車の子供さんは?」

 

「子供たちも大丈夫です」

 

「あとで、具合が悪くなったりしたら直ぐに病院に行ってくださいね」

 

 

その時、2人の男性が近付いて来られた

 

「この度の事故の担当をするJ保険の者です」

 

「お世話になります。弊社の保険会社はA社です」

 

「今後は我々保険会社でお話をさせて頂きます」

 

「はい。よろしくお願いします」

 

 

相手は保険会社が乗り出して来ているのだからと、こちらのA保険会社に連絡を入れるも、

 

「弊社は一々現場には出向きません」 (これだからなあ、大手損保は・・・)

 

 

かっては独身寮のネゴシエーターとして色々対応してきた私

交通事故はもちろんのこと、結婚前の火遊びの後始末、寮に乗り込んできた893さん対応・・・

 

こうなれば私の出番

 

現場検証を行っている警察官の傍に行って

「この道路の道幅は」

「道幅が同じ場合、左方優先ですよね」

「止まれの標識がない場合止まらなきゃいけないんですか」

「側面をぶつけられたということは、交差点内に先に入っているということですよね」

次から次へとこちらサイドに有利な情報を聞き出す

 

保険屋さんに聞こえるように・・・

 

 

現場検証も終わり、警察官も保険屋さんもお引き取りになった

 

事故によって宙ぶらりんになった、お相手のウィンカーをガムテープで応急処置をして差し上げディーラーへ向かう

 

代車に乗り換え、彼はそのまま営業へ

 

帰社後、保険会社に電話で長々と状況説明

 

 

それから1時間後、1本の電話が・・・

 

「先程は申し訳ありませんでした。これからご挨拶にお伺いします」

 

事故の相手、ヤンママさんが菓子折りご持参で弊社へ

 

お互い様ですから・・・と受け取りを渋る私と、素直?に受け取る彼

 

「社長も貰ったらいいですよ」と彼

 

(おぬし、あとでぜえええええったいに説教だ!!!)

 

つまらないものですが・・・と、弊社商品詰め合わせをお渡しする

 

「お子さんは大丈夫ですか?」

 

「ええ、あの後そのまま保育園に預けて来ました」

 

「ひょっとして、K保育園ですか?」

 

「はい。そうです」

 

彼が向かっていた納品先がK保育園。ヤンママさんが向かっていた先もK保育園・・・

 

更には、上のお子さんの担任がF君

 

この保育士F君、私がK保育園に紹介したのだ

 

 

「事故りました・・・」の一言で振り回された一日だった  あ〜、疲れた・・・沈

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

本当に感謝すべき人は・・・

  • 2017.07.02 Sunday
  • 18:15

 

今日も葬儀  (最近は葬儀が多いような・・・)

 

ある会社社長のご令室様

 

突然のことで、ご主人様(社長)も未だ信じられないとのこと

 

「明日から笑顔を見ることができない、声を聞くこともできない、手料理を食べることもできない・・・それが悲しい」

 

声を搾り出すようにおっしゃられた言葉

 

 

ふと、私の知人のことを思い出した

 

知人は、愛妻弁当にお金を支払っているとのこと

 

 

「早起きまでしてお弁当を作ってくれるのだから当然でしょ」

「外食をすればお金を支払うんだから、それなら女房に支払ったほうがマシ」

 

それを我が女房の前で言ったものだから、さあ大変

 

「え〜〜っつ、優しいのねえ。ウチはお弁当作らなかったら、逆にお昼代として1,000円請求されるのよ」

 

「嘘こけ(嘘言うな)。カップ麺買ってきたじゃないか」

 

「おむすびも買ったわよ。それでも1,000円より安上がりだもの」

 

「まあ、それはそうだけど・・・」

 

「当たり前のようにお弁当を持って行って、当たり前のように空のお弁当箱が流しに置いてあるし・・・」

 

「・・・」 惨敗

 

 

子供達や社員達に、口が酸っぱくなるほど常日頃言っている言葉

 

「人に感謝しろ。自分を叱ってくれる人ほど感謝しろ。自分のことを思って叱ってくれているのだから。相手にしなくなったら叱ることもしない」

 

 

 

どうやら、本当に感謝すべき人は私の一番身近に居るようだ

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

ブログ村

山口ブログ

ぶろぐ村

ブログランキング

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM