親の想い、何故解ってくれぬ・・・

  • 2017.06.23 Friday
  • 18:33

 

今日の昼間、三男から怒りの電話が・・・

 

 

「お父さん、山口の支店長に何話したん?」

 

「いや、支店長が代わられたので挨拶しただけど・・・」

 

「僕の上司に、山口の支店長から連絡があったみたい」

 

「それで?」

 

「僕にも、会ったこともない山口の支店長から「今後の健闘を祈ります」とのメールが届いたよ」

 

 

ある会合で、三男の会社の山口支店長が交代されていたのでご挨拶をした

 

その際、高松のご出身ということをお聞きし、息子が高松支店でお世話になっている旨お話した

 

弊社もお世話になっているし、失礼な言い方かもしれないが支店長らしからぬ風貌で、独りぽっちで寂しそうだったのでご挨拶させて頂いたというのが本音

 

それで息子にメール? まさか・・・って感じ

 

 

「僕は親の力を借りないで、自分の力がどこまで通用するかやってみたいから、お父さんと切り離して考えて」

 

「俺はそんなつもりで挨拶に行ったのではないけどな」

 

(何、生意気なこと言いやがって・・・怒り

 

「これからは僕のことは言わないでよ」

 

「解った。今後何があっても手助けはせん!」 プチっ ツーツー 電話を切った

 

 

長男は、就職後震災直後の東北へ

 

「島流しじゃねえか、辞めさせるぞ」

 

「いえいえ、プロジェクトメンバーで会社のドル箱です」

 

 

次男から「僕、係長と合わなくて冷や飯食っている」と聞かされたのが3年前のお正月

 

4日後、工場長とお会いする機会があり「息子がお世話になっています。上司と合わなくて悩んでいるようです」

 

2ヶ月後、係長は偶然にも配置替え  神風が吹いたようだ

 

 

私がサラリーマン時代、父は私に内緒で上司宅にまで訪問し挨拶をしていた(ということを、父の死後聞いた)

 

兄に至っては、会長(宝塚線の事故で辞職をされた方)にまで父は気配りをしていた

 

 

親とすれば、子供のことを常に気遣い、心配するものではないだろうか?

 

これまで子供達のことはずっと陰から見守り続けてきたし、今後もそうするだろう

 

 

この親の想い、何故解ってくれぬ・・・

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

甘えからの脱皮

  • 2017.06.08 Thursday
  • 18:15

 

聴覚障害の社員(試用期間中)のために、彼のお母様が弊社でお勤めになっているが、実に飲み込みが早く手際も良い

 

失礼な言い方かも知れないが「棚からぼた餅」とはこの事かも・・・

余り無理も言えないので週3日でお願いしているが、常勤でお願いしたいとさえ思っている

 

 

福岡県小郡市の母子3人殺害事件は、予想通り夫(警察官)が犯人だったようだ

 

殺害された男の子は聴覚障害があり、母親が育児に悩んでいたという実姉の弁

 

 

今朝、彼にメモを渡した

 

「ご両親に感謝するように」

「甘えは捨て、これからは親孝行をするように」

「お母さんが、君と自ら同じ職場で働くことを選ばれた意味を理解するように」

 

 

実際彼も頑張っている

人の話を一生懸命聞こうとするが故に、ストレスで耳鳴りがひどいようだ

筆談用にA4サイズのホワイトボードを5枚買って来た

 

営業に出て、声を出さなくとも一目で弊社社員とわかるように社名入りのポロシャツを手配

 

彼の名刺を作成

本人・お母様の了解を得て、裏面に「聴覚障害があります。ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いします」と印刷

 

そして、入社してわずか10日ばかりだが「主任」の肩書きを入れた

これから先は、自分の力で肩書きを塗り替えていってくれることを期待

 

 

障害者は弱者かもしれないが、一般社会で働く以上、甘えることなく強い意思を持って欲しい

 

私、社員、そして会社は全力で君を支援する


 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

声を荒らげてしまった・・・

  • 2017.06.02 Friday
  • 19:51

 

聴覚障害の青年が毎日元気に出社している

 

出社時間が私よりも早く、私が彼の姿を目にする時には彼は既に仕事をしている

 

のは良いが、挨拶をしなかったような・・・

 

まあ、初日は大目にみた

 

人が挨拶をしたのが聞こえないのは理解できる

 

しかし、それは違う

 

相手よりも早く挨拶をすべき、と今朝は軽く注意

 

 

彼のお母様にも来社頂き、色々お話をさせて頂いた

 

幼少時の中耳炎の治療に問題があったようで、親として自責の念に駆られているお姿を痛々しく感じた

 

そして、緊急時の連絡ツールをSNSに頼らざる負えない状況、障害者の対応に慣れていない私達のために、彼の試用期間中、お母様も弊社で4ヶ月間働かれることになった

 

「オカン、大丈夫じゃろうか・・・」と、母親を気遣う彼

 

いやいや、君が心配だからお母様も身近に居たいのだと思うよ

 

実に微笑ましい親子愛にちょっぴり感動・・・

 

毎朝早く出社する彼に、

「朝はもう少し遅く出社しても良いよ」

 

「いえ、寝坊してはいけないので目が覚めたら、7時を待って家を出るようにしています」

 

(彼にとって目覚まし時計は無用の長物なのだ)ということに、気付いた

 

これまで朝遅くまで寝ていた彼にとって、二度寝は遅刻を意味する

な〜んだ、やる気満々で早く出社しているのかと思って損した、って感じ・・・

 

 

そんなやる気満々の彼が今日チョンボをやらかした

 

航空自衛隊基地に行った際、給養隊の事務所のドアをいきなり開けた

 

すぐさま駆け寄り「こっちに来い!」と、外に連れ出し

 

「ノックもせんと、お前何しとるんじゃ!!」と、つい声を荒らげてしまった

「は?」何事かと呆気にとられている

「あのな、見知らぬ人が急にドアを開けて入ってきたら、中の人はビックリするじゃろうが」

 

「はい」

 

「それでなくとも、自衛隊の中は機密事項が色々あるかも知れんのじゃ」

 

「そうですね。でも、誰も居ませんでした」

 

「人がおるおらんの問題じゃないんじゃ。ノックをするのが常識っちゅうもんじゃ!バカタレが!!」

 

「すみませんでした」

 

私の大きな声に隊の方が何事かと・・・集まってこられた

 

いえいえ、喧嘩ではございませぬ

彼はちょっと耳が遠いので大きな声で話していた次第で・・・

どうぞ、お引き取りくださいませ

 

 

君を自立させるために、微力ながらも私は一肌でも二肌でも脱ぐ覚悟でいる

 

これからも声を荒げることがあるかも知れないが、許してくれ

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

障がい者の権利

  • 2017.05.31 Wednesday
  • 19:46

 

先日、ハローワークの方が弊社にお見えになった

 

「障がい者の方を雇用されるお考えはありませんか?」

 

「障がいの程度にもよりますね」

 

「聴覚障がいの方で35歳の青年です」

 

「一度お会いして判断しましょう」

 

 

ライオンズクラブの奉仕活動で、障がい者の方々と交流する機会がある私は、彼ら彼女らが自立できるようなお手伝いが出来ないかと常々思っている

 

弊社商品に障がい者施設とのコラボ商品もあり、今後はもっと増やしていく予定である

 

 

来社した青年の第一印象は、実に爽やか

 

全く”陰”を感じさせない明るい性格で、健常者と何ら変わりない

 

「出来るのに障がい者というだけで、端から出来ないと決めつけられてしまうのが悔しい」

「これまでどれだけ嫌な思いをしたか・・・」

「障がい年金で月に6万円の手当を貰っているが、自分で働いて稼ぎたい」

「親にずっと負担を掛けているので申し訳ない」・・・

 

真正面を向いて話せば、読話(読唇)である程度話の内容を理解できるようだ

尤も、最近の若者はFacebookLINEなどのSNSをコミュニケーションツールとして利用するため手話を習得しないらしい

 

製造よりも配達で外回りがしたいという

車の運転は得意でバイクにも乗るという

 

運良くというか、偶然というか、来月定年の社員がいる

 

迷った挙句、市内営業補助ということで、取り敢えず試験採用とした

 

 

障がい者だからといって差別されることなく、障がい者の尊厳,自律及び自立の尊重、社会への完全かつ効果的な参加は「障がい者の権利」である

 

障害の有無によって分け隔てなく、お互い人格と個性を尊重し合いながら共生する社会となることを願っている

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

ポジティブだねえ〜

  • 2017.05.20 Saturday
  • 12:01

 

昨夜、帰宅した私はリビングに入るなり、

 

「奥様、残念なお知らせが・・・」

 

「えっ?何?どうしたの??」

 

「じゃーん。これ読んでみいや」

 

ただバス日帰り旅行中の我慢地獄

無料バスツアーの落とし穴

 

上記ブログをプリントアウトしたペーパーを渡した

 

ペーパーを読む女房の顔がみるみるうちに強ばってきた

 

(おっ、お怒りですな)

 

「何よ、これ!も〜っ、詐欺じゃない!!」

「それが詐欺じゃないんじゃ。行き先をちゃんと告示しちょるし、脅して買わせるようなことはせんみたいじゃけえ」

 

「今日、はがきが届いたのよね」


 

 

「7号車だって。えらいようけ行くみたいじゃの(訳注:随分たくさん行くみたいだね)」

 

「みんなからくりを知らないのよ。宝石を絶対に買わされる人がいるから」

 

「みんなに教えてあげて、みんなが買わんかったら面白いかもの」

 

「いやだ〜、行きたくない。考えてみたら同伴者の1万円というのも高すぎるよね」

 

「いや、わしゃお金出してもらえるんじゃけえ、どっちでもええけど・・・」

 

「キャンセルの場合は出来るだけ早くお知らせください、ってあるからキャンセルするわ」

 

「2週間前ならキャンセル料は発生せんが、それ以降は発生するってこともあるからの」

 

「そんなこと書いてないから無いんじゃない。もし、そんなこと言われたら”詐欺”ってはっきり言うわ」

 

「じゃから、”詐欺”じゃないって言うちょろうが」

 

「浮いた1万円で、何か美味しいものでも食べに行ったほうがマシだわ」

 

 

と、まあこんな感じで・・・(私は方言丸出しで、話したままを記述しました)

 

 

そして、今朝9時30分を待ってキャンセルの電話をいれた女房

 

30日に空きがあるので日程変更を勧められたが「いいえ、結構です!」

 

「でも、あなた良く気がついたわねえ。騙される人多いと思うわ」

 

「動物的カンというやつかな?」

 

「前にもそんなこと言ったよね」

 

「グランドキャニオンね」

グランドキャニオン遊覧で小型飛行機に搭乗した私は、左側のエンジンの回転数が上がらないことに気付いた

右側に比べ、左側の振動が大きい、回転するプロペラの残像が違う

「この飛行機やばいかも・・・」と言ったため、機内は小パニックに・・・

結局飛行機を乗り換え、渓谷遊覧に出発し無事に帰還

2日後、新聞に「グランドキャニオンで小型機墜落」の記事

日本から国際電話「もしや・・・心配した・・・」

その時の飛行機か定かではないが・・・

 

 

「とんだ幸運じゃったの」

 

「でも、行く前に分かったことが幸運よ。あなた、ありがとう」

 

何と、ポジティブだね〜

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

「うまい話には裏がある」

  • 2017.05.19 Friday
  • 19:09

 

先日、女房が当選した「春のお客様大感謝祭音符母の日キャンペーン!!」日帰りバス旅行ご招待

農産物直売所で買い物をして、アンケートに答えただけで転がり込んだ幸運

 

本日、直売所の店長にお会いする機会があったのでお礼を

 

「女房がアンケートに答えてバス旅行が当たりました。ありがとうございます」

 

「えっ、あ、あれですか。良かったですね」

 

「当選確率はどのくらいだったんですか?」

 

「結構皆さん当たったみたいですね」

 

「そうなんですか?えらく奮発したんですね」

 

「はあ・・・」と、いつもと違って歯切れが悪い

 

(何か変?何かおかしい・・・)

 

 

心にざわめきを感じた私は、当選はがきを再度確認

 

江戸時代の風情と現代の営みが調和する街「日田豆田町散策」

これは情緒があって面白そうだ

 

1,300平方メートルの園内に、180種・約2,400株のバラの花が咲いている「駕与丁(かよいちょう)公園」

ちょうど見頃で綺麗だろうな〜

 

観光するところは

1.薫長酒造&日田散策(約60分):大分県日田市豆田町     
 

国の重要伝統的建造物群保存地区」に選定されている日田豆田町商店街

ちょっと時間が短いかな?駆け足で街巡りしなきゃ

 

2.夜明けの里カメミツ(約60分):大分県日田市大字友田

昼食にスッポン食べようとは思わない・・・

 

3.BeNAS(約80分):佐賀県鳥栖市藤木町           

ジュエリー好きの女房は良いかも知れないけど・・・

おっさんに80分は長いなあ

 

4.駕与丁公園(30分):福岡県粕屋郡粕屋町

公園は広いのにたった30分 時間短っ

 

5.博多はねや総本家(20分):福岡市博多区月隈

どうせなら「やまや」が良かったな〜

ショッピングに20分とは・・・短っ

 

 

ちょ、ちょっと待てよ

 

パンフレットには「日田豆田町散策」と駕与丁公園のバラ園」を謳っておきながら、何か妙な感じ・・・

 

う〜〜〜〜〜ん、ひょっとして・・・

 

「これってヤバイやつかも・・・」

 

 

疑ってかかるべきは、所要時間が長く取ってあるところ、かな?

 

おっ、やはりそうか・・・

 

先ず、「抽選で国内バス旅行にご招待」と告知

そして、驚くべきからくりは、

 ̄募者の30〜70歳までの女性は全員当選

男性、外国人、携帯電話での応募者は全員落選

当選者のみを日帰り旅行に招待。同伴者は約1万円

て程のうち1.5時間を毛皮や真珠・宝石販売工場に軟禁

 

※販売商法やSF商法の疑いがあるものの、招待券に事前に立ち寄る施設等を告知してあるので社会問題になりにくい。且つ、騙しや脅しで高額商品を売りつけないので「詐欺」にも該当しない

 

で、今回宝石を販売するのは・・・

バスを入口に着け、窓もなく、出口も分かりにくい構造になっているようだ

 

うまい話には裏があるとはこのことだ

 

 

今夜、女房にどう説明しよう・・・

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

母からの手紙

  • 2017.05.18 Thursday
  • 15:55

 

今日、母から手紙が届いた

 

少し文字が震えているけど、相変わらず達筆

 

先日の訪問のお礼と、私が気にしていることへの返事

 

 

在宅介護でご両親のお世話をされている方から言われた言葉

 

『親を施設に入居させる者は「犯罪者」』


 

心にずっしりと重くのし掛かり、いたたまれずその方とは距離を置いた

 

高齢者虐待のネグレスト(介護や世話の放棄)で、育児放棄した親が逮捕されるのと同様に逮捕されるべきだという

 

 

育ててもらった恩を忘れ、自分が一人前になったら邪魔者扱いか―

 

 

典型的な男尊女卑の古風な家に育ち、家の跡取り(長男)は絶対的存在

 

その長男は大阪にマンションを購入し、年老いた母は今更知人もいない大阪には行きたくない

その陰には嫁姑問題も・・・?

 

その頃、我々夫婦は女房の実家近くに住み、義母のお世話をしていた

 

思いあぐねた母は誰に相談することもなく、有料老人ホームへの入居を決めた

 

 

兄、兄嫁には言いたいことが山ほどある怒り

多分喧嘩になるだろう

 

 

「上げ膳据え膳で申し訳ないくらい良くしていただいている」

「あなた達にはあなた達の家庭があるのだから、家庭を大事にね」

「兄弟仲良くしてね」

 

最後に、

 

「私が決めたことだから後悔はしていませんよ」

 

 

母の孤独を感じた

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

母の想い、母への想い・・・

  • 2017.05.14 Sunday
  • 15:38

 

今日は「母の日」

 

今朝、一通のメールを頂いたメール

 

今朝の産経抄です

日本生命の調査では、贈り物の予算は「3千円〜5千円」が主流で、贈られる側が期待する平均額を1千円以上も上回った

このすれ違いは笑い話で済むとして、親の本音がにじむ項目もある

贈り物に「手紙・メール・絵」と答えたのは、贈る側の0・9%に対して贈られる側は14・2%だった

お金であがなえない何かを、親は待っている。日頃の無沙汰に冷や汗をかく人も多かろう

 

まさに、自分のことを指摘されているようで冷や汗汗

 

昨日母にしたためた手紙を何度も読み返し、加筆修正をする書く

 

 

母の入居する老人ホームへと向かった

 

女房はプレゼントを準備していたプレゼント

 

私は女房に渡そうと準備していた花かごの中から赤のカーネーションを1本抜き取り、手紙と共に携えた

 

 

お昼前にホームに到着

 

手を消毒し、マスクをしてエレベーターで3Fへ

 

集会所の椅子に座る、母の小さな姿

 

 

「よっ!元気?」

 

「あらま〜」と言いつつ、訪ねてくることを予想していたかの如く、小さく頷く

 

部屋に戻り、カーネーションを差し出すカーネーション

 

「ありがとう。ボク、覚えてる?昔、川柳で賞を頂いたよね」

(母は昔から、兄を”お兄ちゃん”、私を”ボク”と呼ぶ)

 

「・・・? ああ、あれね」

 

『一輪の カーネーションに 想ひ込め 差し出す吾に 母の笑みなり』

 

「よく覚えてるね。確か僕が中学2年の時だよ」驚き

 

「だって、本当に嬉しかったんだもの。昔からボクはカーネーション1本よね」カーネーション

 

「今日は良い天気だよ。どこかに出掛けない?」

 

「今からお昼だし、この前食事ドライブに行ったから」

 

月に1度、外食に連れて行ってもらえるとのこと

そして、月に2度、喫茶ドライブにも出掛けるそうだナイス

 

 

部屋には5月らしく、色鉛筆で描いた鯉のぼりの絵

 

相変わらず殺風景な部屋・・・

 

「昼食の準備が出来ました」のアナウンス

 

「お母様、これここに置いておきます」と、女房がプレゼントをテーブルの上へ

 

「ありがとう。ごめんなさいね」

 

「また来ます。お身体大事になさってくださいね」

 

「じゃ、また来るわ」と、母の肩に手を置いてショックを受けたガーン

 

やせ細っている・・・

 

ごめんね・・・心の中で何度も呟く涙

 

 

そっと手紙をテレビの前に置き、部屋を後にした

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

「母の日」を前に

  • 2017.05.13 Saturday
  • 12:07

 

明日14日は「母の日」

 

 

お母様へのプレゼントを準備、または既にプレゼントされた方も多いことだろう

 

私には老人ホームに入居する母がいる

 

これまで散々迷惑を掛けてきた

 

ちょっと(いや、かなりかな?)横道に逸れた私が軌道修正できたのも、母の涙のお陰と言っても過言ではない

 

 

数十年前、就職した会社で金一封(¥50,000)を頂いた際、そのまま母にプレゼントをした

その後もお小遣いを少額ではあるが渡していた

 

そして私が結婚する際、64万円が私の手元へ

 

「あなたからこれまで預かっていたお金」

 

「預けてたっけ・・・?」

 

「もったいなくて使えなかったから。私からのお祝い」

 

いやいや、参った・・・

 

 

婚約指輪を「ちまきや」(現山口井筒屋)外商で購入し、請求書を母へ回した

結婚式で着た、紋付羽織袴も母が特注で作ってくれた

新婚旅行(米西海岸)の費用も母持ち

 

結婚後も「あなたの子供が一番可愛い」と、お祝いとは別に内緒で随分援助してもらった

 

兄よりも私との同居を望んで、二世帯住居を建てようとまで言ってくれた

 

 

なのに、なのに・・・

 

20数年間、親孝行らしい親孝行していない、出来ていない

 

 

今朝、テレビに橋本五郎さんが出演されていた

 

2年前、橋本五郎さんの講演会に参加した

その際「橋本五郎文庫」で「母への手紙、父への手紙」作文コンクールで応募を受け付けていることを知った

 

早速、秋田の橋本五郎文庫へ問い合わせ、作品集を購入

 

 

素直に伝えられない想い、胸の内を綴った素晴らしい作品に心を打たれた

 

「よし、自分も応募しよう!」と思いながら1年が過ぎた

 

 

明日は手紙を持って母に会いに行こう

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

直ぐにでも働きたいです

  • 2017.05.12 Friday
  • 19:17

 

一昨日、ハローワークにパートさんの求人申し込みをした

そして、昨日から応募受付開始し、本日午後から面接

ニアミスを避けるため、1人当たり1時間取っている

 

業界並びに色々な方々から面接に人が来ない・・・と言う嘆きの声

 

現在は「売り手市場」と言われている

 

そんな中、順調に応募がある 実にありがたい

 

 

面接をするに当たって、私が注意しなければいけないと肝に銘じていること

 

1.情に流されない

以前、学歴がないばかりにこれまで随分辛い思いをしてきたと、感極まって泣き出した方がおられ、ついつい採用した

5日間働いてその後無断欠勤 何事かあったかと電話するも着信拒否

そして、給料支給日に平気な顔で「給料ください」と来社

 

2.若い女性

男性社員が甘やかし過ぎ、結局は他のパートさんへ皺寄せがいき、イジメに発展

 

3.身だしなみ

面接に小奇麗な格好でお見えになり、色気ムンムンで即採用!

奇抜な服装(大きく胸の空いた服)を着て仕事をするためセクハラ問題発生

男性社員は平社員まで3ランク降格 女性パートさんはその後退職

 

4.お金に執着

平日は良く休んだり、残業は嫌がるが、休日出勤・残業は率先してする

わざと?タイムカードを刻印せず、後々揉めることに・・・

 

少なくとも、1〜3は私を含めた男連中がだらしないからだと思う

 

そして、私が必ずお聞きすることが2点

 

その1 最終職歴の退職理由

その2 血液型

 

会社への不満で退職されたことを平気で口にされる方は、この時点でアウト!

 

そして、血液型は・・・

個人差はあると思うが、やはり几帳面さを求めるが故に参考までにお聞きしている

 

 

本日面接にお越しになった3名の方々が口を揃えておっしゃるには、

 

就業時間(8:30〜16:30)が短いのが魅力

 

更には、職場体験をして判断することが可能(体験といえども、正規の賃金を支払います)

 

 

15日 9:00〜 職場体験希望者 3名 (ニアミスを避けるために面接間隔1時間取った意味ないじゃん・・・)

 

その内1名の方は「直ぐにでも働きたいです」とまで言ってくださった(血液型AB型)

 

いや、いや、月曜日の午後からまだ面接の予定が入ってます

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

ブログ村

山口ブログ

ぶろぐ村

ブログランキング

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM