10円玉拾ったら・・・

  • 2018.06.14 Thursday
  • 16:30

 

自販機でコーヒーを購入

 

お釣りを掴み損ねた

 

「あっ」

 

小銭が溝の中へ

 

たまたま見ておられた店主の奥さん

 

「私が取りましょう」

 

「私が溝蓋を持ち上げますのでお願いします」

 

溝蓋を持ち上げた

 

すると、私の体の内部で「ゴキッ」

 

「はい、どうぞ」

 

「あ、ありがとうございます」

 

と、中腰のまま10円玉を受け取った

 

う、動けない・・・

 

 

 

 

 

「やっちまった・・・」

 

これがぎっくり腰というものか・・・

 

脂汗が流れる・・・

 

 

ヘンテコな姿勢のまま事務所に戻り、椅子にへたり込む

 

少しでも動こうとするものなら飛び上がるほどの激痛

呼吸をするにも痛む

 

家内に連絡をして腰痛サポーターを届けてもらう

 

早速腰痛サポーターを装着

 

※画像をお借りしました(私の体型では決してございません)

 

少しは痛みも和らいだが、何せメタボのお腹にこの締めつけは苦しい・・・

 

はあ〜、10円玉拾ったばっかりに・・・

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

あなたは今の自分を採用しますか?

  • 2018.04.16 Monday
  • 18:51

 

知人から、入社1年目の社員教育実習の依頼があった

 

26歳。営業を担当しているそうだが、どうも問題児らしい・・・

 

表現が変だが、マニアックな国立大学卒(山口県から何故その大学に?)

 

会ってみて、どうも軽い

 

どう軽いかというと、考えない

 

考えないから、自ら動こうとしない

 

言われたことしかしない

 

一応、言われたことはやる

 

でも、結果は気にしない 歌

 

結果を気にしないから、進歩がない

 

話をしていても面白くない

 

時間の無駄・・・ダッシュ

 

ふと思いついたのが、以前倉庫の片隅で見つけた「販売員心得」

 

事務所に置いていたところ、某凸●印刷の所長が自分が入社時に教わった教訓とのこと

 

社員に配りたいからと写メ

 

私も風化して読めなくなる前に、とパソコンに入力しておいた

 

彼にプリントアウトして渡した

 

 

そして、彼に問うた

 

「あなたは、今の自分を雇いたいと思いますか?」

 

「いいえ」

 

「ほ〜、何故?」

 

「仕事をしないからです」

 

「仕事が出来ないからではなくて、仕事をしないから?」

 

「はい」

 

「この販売員心得をしっかり読んで、少しずつ実践してみたら。意識を変えなきゃ、自分が変わらなきゃ」


「頑張ってみます」 (頑張ります!と言って欲しかった・・・)汗

 

 

3日間の教育実習とのことであったが、2時間で追い返してしまった・・・ちゃん

 

1ヶ月後に会う約束をした

 

彼が進歩してくれていることを願ってやまないお祈り

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

アルマーニの時計

  • 2018.04.13 Friday
  • 17:27

 

三男が香川県高松市から周南市へ転勤

 

入社直後の配属先に研修を兼ねて4年間、その後は3年毎の転勤族

 

職務上、企業との癒着を防ぐため全国150本支店を転々とすることになる

 

今回彼は関西方面を希望していたようであるが、隣市とは・・・

 

現在26歳。親元近くに居るこの3年間に所帯を持てとの会社の配慮かな?とも思える

 

自由人の彼は、気ままな生活を楽しみたいと実家からの通勤は拒否

 

相変わらずズボラで、引越しの荷物も開封していないとのことで家内と手伝いに行った

 

 

小高い丘に立つ小奇麗なマンション

 

駐車場直結の玄関は3Fで、エレベーターで降下し2Fの部屋へ

 

部屋の間取りは1LDKで独り者には十分な広さ

 

前住人は単身赴任の元支店長とのこと

 

セミダブルベッドが一室の半分スペースを占める

(転勤族はパイプベッドで十分じゃないの?)

 

ベランダにはロードバイク

 

段ボールを開封すると、出るわ出るわスーツにワイシャツ

 

兄からのお下がりが回ってくるだけにスーツだけで15着以上

 

ワイシャツも洗濯が面倒なのか段ボール2箱

襟が汚れているシャツは持って帰ってくれと言う

 

その他壊れたアイロン、割れた鏡など粗大ゴミをお土産にあげると言う

 

そして、時計もバンドが壊れたのでいらないと言う

 

見ると、アルマーニ

 

  

 

銀座の小学校の制服で物議を醸したブランドじゃん

 

ひょっとして高いのかな?

 

「日本では直せないと言われた」

 

「いや、これは直せるんじゃないかな〜」

 

「無理って。直ったらあげるわ」

 

「理系の力をみせてやるよ」(化学だけど・・・)

 

 

家に帰り、試行錯誤するに道具がないことには無理と判断

 

ならば自分で作れば良い

 

翌日会社で鉄板をサンダーで削り道具を作る

 

1時間で修理完了〜 あは

 

時計屋さんで電池の交換し、掛かった費用は電池代の1000円

 

 

家内が息子に連絡

「時計直ったそうよ」

 

「親父が直したん?」

 

「そうみたいよ」

 

「やるね〜。時計返して貰っても良いけどな」

 

 

調べてみると、EMPORIO ARMANI クラシック ラウンド メタルAR2434

https://www.neuve-a.net/TiCTAC/shop/g/g4548793280941/

 

息子が初任給で買った思い入れのある時計

 

これは私が貰うべきではない

 

 

喜んでお返ししよう、とせっせと時計を磨く父親でした・・・

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

今年は寝正月

  • 2018.01.04 Thursday
  • 18:29

 

明けましておめでとうございます

 

 

今年も息子達が帰省、次男のお嫁さんも加わり、明るく、賑やかなお正月を迎えた

 

ただ私は、寝正月

 

 

年の瀬も押し迫った12/28 14時頃 急に不整脈が・・・

 

直ちに薬を服用し、しばらく安静にするも不整脈は続く

しかも病院は午前中をもって休診

 

翌29日は仕事納めで、脈拍135のまま出社 (通常は脈拍65前後)

 

14時 不整脈発症後24時間経過するも、治まる気配なし・・・

 

21時 福島県から帰省する長男を迎えに山口宇部空港へ

女房が心配して三男が同行するも「大きい車は苦手」と私が運転 (少しは楽させろよダッシュ

 

30日 不整脈は一向に治まる気配なし

 

女房の説得に負け、休日診療へ

 

心電図の結果、救急へ行くよう紹介状を渡される

 

「ご家族の方に付き添ってもらって行ってください」

 

「えっ」焦り

 

 

長男付き添いで救急医療センターへ

 

心電図、エコー検査、血液検査など、2時間30分後

 

「心不全に成りかけています。過労気味ではないですか?」

 

「・・・」

 

「入院されますか?ご自宅で安静になさいますか?」

 

「帰りま〜す!」 (お正月だよ!それにこの病院の飯、まずいじゃん)

 

 

帰宅すれば、布団に直行せよだと・・・ (家族団欒というものはないんかい怒り

 

医者から聞いた説明を大げさに話す息子 (私だって説明は聞いているんだよ疲れた

 

煙草、お酒、お風呂も禁止だと

年なんだから・・・を連発 (お前が結婚するまでくたばるか!)

 

不思議なもので、病院に行ったり、診察してもらっただけで快方に向かう

脈拍も100を切り、不整脈も治まってきた (薬も飲んだので当たり前か?)

やはり、病は気から・・というのも分かるような気がする

 

気分転換に2階のベランダで一服たばこ

 

運悪く、女房が清拭タオルを持って2階へ (見つかっちゃった・・・汗

 

まあ、長男から叱られること (ここまで育てた恩義を忘れやがってちゅんと、腹の中で毒突く)

 

31日 暇・・・

 

1/5の商工会議所新年互例会での挨拶を頼まれていた事を思い出し、原稿を作成することにする

 

なぐり書きし、ざっと読んでみると約9分 (ミニスカートと挨拶は短い程良い!!)

 

添削し、読んでみると約6分30秒 (まだ長い、と焦りが・・ やばい、鼓動が速くなってきた)

 

面倒臭いなあ・・・ (挨拶を辞退しようか・・・)

 

でも折角お声掛け頂いたことだし、二度とこのような機会は巡ってこないだろう

 

更に手を加え、何とか4分30秒にまとめる

 

 

夜、次男夫婦が合流し、カニすき

 

鍋奉行の出番とばかりに、みゆきさんのお皿にカニを次から次へとぶち込んで、イチャつく次男の邪魔をしてやった

 

その後、2階の寝室へ一人隔離 (直ぐには誰も上がってこず、食後の一服はうまいね〜たばこ

 

23時55分 みんなで年越しそばをいただく (今年1年が素晴らしい年でありますようにお祈り

 

 

翌朝、全員で寝坊し、ブランチのおせち料理とお雑煮

 

その後、ホームに入居する母に次男とみゆきさんの結婚の報告に向かう

 

「まあ、可愛いパチパチ」 (ひ孫が産まれるまで長生きしてね)

 

次男夫婦を解放するため、交差点を反対方向に曲がって帰宅

 

それからというもの、食事以外はずっと箱根駅伝を観ながら寝て過ごす

 

昨日「ちょっと出掛けてくる」と外出

 

電話もメールも無視

 

すると、女房が会社に来た

 

「もう〜〜〜〜ちゅん

 

夕方、三男を見送りに新山口駅へ (車中、往路は賑やかで、復路はお通夜のごとく静か)

 

 

本日4日 仕事始め

 

今年は「何事にも挑戦」を目標に掲げた

 

チャレンジしないことには成功も失敗もない。そして、失敗の先の進歩はない

 

商工会議所から、明日の新年互例会での挨拶の再度依頼があった

国会議員挨拶、県議会議員紹介の後に私の出番とのこと

まだ胸(心臓?)が痛く、体調不良を理由に辞退することも考えたが、結局引き受けた

 

そして、例年通り昼食は会社で準備

 

おまかせ弁当

 

ごちそうさまでした

 

来年は違うお店にお願いしよう

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

羽を伸ばす積もりだったのに・・・

  • 2017.11.17 Friday
  • 11:33

 

昨日、女房が上京

 

女房、眠れなかったのか4時頃に起きて荷物のチェック、洗濯、掃除、朝食作り

 

6時前には家を出て空港に向かうと言ってあるのに、6時になっても洗濯物を干している

 

「後で干しておくよ」

 

「私の着替えた下着まで申し訳ないから」

 

「会社に遅刻するよ〜」 (私は遅刻が大嫌いなんだよ!)

 

とにかく、急かして急かして車に乗り込ませる

 

車中で、

 

「これ、Kちゃん(長男)がプレゼントしてくれたグッチのバッグ」

「これ、H夫人(大親友)からプレゼントの革の手袋」

「これ、伯母ちゃんから昔もらったメープル金貨のネックレス」

「これ、あなたの・・・」

 

「何?」

 

「あなた買い置きのホッカイロ」


 

「は?」ガーン

 

「と〜、これ」と着ているコートを指差す

 

「いつプレゼントしたっけ・・・」

 

「3日前」

 

「いや、覚えがないけど」

 

「あなたが、寒いから暖かくして行けよ、って言ったから買ったの」

 

「いいんじゃない。良く似合っているよ」 (あのね〜、貴女は自分に忖度してるじゃない)

 

 

空港で生外郎と瓦そばをお土産に購入するも、キャリーバッグに入りきらず・・・ (当たり前だろ!普通、旅行に血圧測定器まで持って行くか??)

 

搭乗ゲートを通過した女房を見送り、会社へ直行

 

渋滞、渋滞・・・ (社員が早く出社するのが分かるよ)

 

何とか、会社に滑り込みセーフ (今頃は四国上空かな?)

 

 

昼前にメールが入る

 

伯母が先日まで腸閉塞で入院していたそうで、訪問をとても喜んでくれたとのこと

お土産の生外郎と干し柿を喜んでくれたとのこと (干し柿まで持って行ってたの?)

 

これから新宿で友達と合流し、ロマンスカーで箱根湯本に向かうとのこと

 

そして、「お父さん、ありがとう」 (止せよ、照れるね)

 

 

さてっと、今夜はゆっくり羽を伸ばすとするかー

 

仕事を終え、単身赴任の知人と夕食

 

仕事上の悩みの相談を受ける

体調不良で食事が摂れないという

 

同じ経営者として共感出来る所は多々あるけど、もっとズル賢くならなきゃ、綺麗事ばかりで会社は成り立たないよ、と悪知恵を吹き込む

 

お酒のピッチが早くなる彼を宥め、酒のオーダーをストップする

 

単身赴任だと食生活が乱れ、悩み事でどうしてもお酒に逃げてしまう

時には我が家に招待して、女房手作りの食事でもてなすことにしよう

 

 

玄関の明かりが灯っていない我が家に帰るのも久しぶり・・・

 

 

女房からメールが届いていた

 

ず〜とおしゃべりしています

露天風呂に入り、料理に舌鼓を打ちました

ちゃんと夕飯は摂りましたか?

 

そして、「感謝しています」 (止せよ、じ〜んと来るね)

 

 

改めて、淋しさ?虚しさ?が・・・

 

鬼の、いや女房のいない間に羽を伸ばす積もりだったのに・・・

 

これからは、自分と女房の2人分の航空券を予約することにしよう

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

こんなクレーム対応って・・・?

  • 2017.11.08 Wednesday
  • 15:13

 

11/2〜11/13 山口井筒屋で「北海道物産展」が開催されている

 

通常は6日間開催であるが、倍の12日間開催

 

最近は単県での物産展は少なくなったが、「北海道」「京都」「沖縄」は集客力も見込めるため、この3道府県は百貨店も定期的に開催

 

女房の気分転換、また知人がバイトをしているというので出掛けてみた

 

いつもの物産展は人もまばらだが、今回は結構な人出

 

さすが北海道展!!

 

 

一際行列が出来ているお店が・・・

 

女房が並びました 辛抱強く待つこと25分

 

まさか、このあと家に帰って残念な結果になるとは・・・

 

飲むヨーグルト、ROYCE'のチョコレート、開拓おかきなどお菓子ばかり購入

 

 

帰宅し、早速お茶タ〜イム

美味しそう〜

中は・・・

バウムクーヘン生地に生クリーム

 

それでは、いっただきま〜す

 

あれっ?何かある

げっ・・・髪の毛じゃん

あらら・・・

20cmくらいの髪の毛

 

意気消沈 チ〜ン

 

他のは中を良く確認して

こちらは大丈夫のようだ

 

 

取りあえず、会場でバイトをしている知人に連絡

 

「髪の毛が入っていたよ。メーカーに注意しておいて」

 

 

翌日電話が・・・

「お買い上げ頂いた当店の商品に髪の毛が入っていたそうで、申し訳ございません」

 

「20cm位の多分女性の髪の毛みたいですね。一応写真と現物も取ってあります」

 

「あ、それ捨ててください」 (えっ、捨てるの?)

 

「現物を見なくても良いですか?」

 

「いいです。それでお代の方はお返ししたほうが良いですか?」 (そんなこと聞くまでも・・・)

 

「私も食品を扱っていますしクレームには心痛します。私はクレーマーではないし、今後注意して頂ければ」

 

「分かりました。それでは失礼します」

 

 

その後、何ら音沙汰なし・・・

 

こんなクレーム対応ってある?

 

多分このメーカーはクレームを多発しているメーカーだと思う

 

 

先日弊社もクレームを出した

 

萩のお客様から連絡があり、直ちに担当者に連絡を入れる

 

岩国にいるから今日は無理だという

 

叱りつけた 「クレーム処理が最優先。直ぐに萩に向かえ!」

 

社内では現場での聴き取りをするとともに、問題点の掘り起こし、対策を話し合う

 

現物を入手後、その日のうちにクレーム報告書を作成し、先方様へ報告

 

翌日、お詫びに訪問

 

対応の速さ、姿勢にお許しを頂いた

 

「お宅の商品が気に入っているから・・・今後気をつけてね」

 

申し訳ない思いと、ありがたいお言葉に頭を上げることができなかった

 

長年築いてきた信用と実績を失うのは容易い

 

1日も早く信頼を取り戻すべく精進しなくてはならない、としっかりと肝に銘じた

 

 

まあ、ケーキに髪の毛。私も大げさにする気はない

 

数百円の代金を返して欲しいとも思わない

 

ただ、二度とこのメーカーの商品は買わない

 

現物の確認もせず、クレームに真摯に立ち向かおうとしないメーカーに未来はない!と、私は思う

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

車とぶつかっちゃった・・・

  • 2017.11.03 Friday
  • 11:40

 

昨夜19時過ぎ、会社で仕事をしているとスマホのバイブレーション

 

画面を見ると女房から

 

そういえば、今日はカーブスに行くと言っていたから帰宅した連絡だろうと、放置

 

あともう少しで仕事が終わるから・・・

 

それにしてはえらく長い間鳴りっ放し

 

「はい」

 

「あ、ごめんね。私、車とぶつかっちゃった」

 

「は?」

 

「カーブスの帰りに車に当たっちゃって今、警察の人が現場検証しているの」

 

「それって、交通事故?」

 

「ちょっと擦りむいた程度だから、交通事故ってほどのものじゃないけど」

 

「相手は車でしょ。交通事故じゃん」

 

「それでね、私、免許証も身分証明になるもの持ってきていないからちょっと来て貰えない?」

 

「すぐ行く!」

 

 

パトカーが3台。赤色灯が円を描きながら、辺り一帯を不気味に照らす

 

女房が私の顔を見て安心したように手を振る

 

私も頷き返すも、顔はこわばったままというのが自分でも分かる

 

「どうしたの?」

 

「駐車場から出てきた車が止まったから、通り過ぎようとしたら車がぶつかってきたの」

 

「それより怪我は?」

 

「ちょっと足を擦りむいた程度」

 

「病院に行ったほうが良いよ。今は興奮しているから分からないだけかも知れないし」

 

 

相手を見ると若い青年

 

取り敢えず名刺の交換をするも、仕事上関係のある農業団体職員

 

「一応病院に連れて行くね。ばーさんなんで骨が折れているかも知れないからね」

 

「はい」

 

「検査の結果、大したことがなければ穏便に済ませるから」(これって一種の脅し??)

 

「月曜日に保険の方から連絡させます」

 

「まあ、気をつけて帰り」

 

自転車は動かないので駐輪場に放置

 

 

その後、病院へ行き、知り合いのDrに

 

「ちゃちゃっとレントゲンで調べて。9時からドクターXが始まるから」

 

しばらくしてDrが「骨に異常はありませんでした。今、傷口の治療をしています」とのことで一安心

 

 

家に帰り、女房に説教

 

「2週間後には東京に行くんでしょ。今怪我してどうすんの!昨日H夫人(女房の友達)から箱根の温泉旅館を予約したって連絡があったばかりだろ。他の友達も年休や早退してまで会うのを楽しみにしてくれているというのに・・・」

 

「そうよね。若い人なら避けられたかもしれないけど、おばさんはダメね〜」

 

「あ!貴女が行けないなら俺が行けばいいんだ!H夫人と温泉も悪くないね」

 

「H婦人のご主人さん弁護士よ。訴えられるわよ」

 

「冗談だよ」(香坂みゆき似のH婦人の顔が頭を過ぎる)

 

「でもカーブスに行っているお陰で、脂肪が筋肉に変わって骨折しなかったのかも知れないわね」

 

「いや、脂肪が衝撃を吸収したんだよ」

 

「心配かけてごめんなさいね」

 

「それくらいの怪我で済んで良かったよ。まあ、月曜日まで様子を見てからだけど」

 

 

そして、今朝自転車の回収に行く

 

後輪が変形してる これじゃ動かないはずだ・・・

 

自転車の後輪と車のフロント中央部が衝突している訳だから、明らかに車がぶつかって来ている

 

もし、女房が救急車で運ばれるような事態になっていたら・・・

 

多分私は今のように冷静ではいられなかったと思う(相手に殴りかかり傷害罪でブタ箱入り?)

 

 

車を運転する私が加害者にならないとも限らない

 

注意しなきゃ

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

自然には逆らえないな

  • 2017.09.19 Tuesday
  • 16:37

 

台風18号の影響で予定が大狂い

 

予定していた次男のフィアンセご家族との顔合わせが来月に延期

 

 

友人の結婚式出席のため帰省中の長男も飛行機が欠航となり、予定通りに福島に帰れず・・・

 

結婚式が福岡で、当日は福岡泊

翌日JR九州は始発から全線運休

 

台風が接近する中、福岡に息子を迎えに行き、1日長く息子と過ごせる喜びを噛み締めながら台風と競争

車のワイパーがせわしく動き、両手でハンドルにしがみつく緊張の運転

 

あくびを噛み殺しながら付き合ってくれる息子と、夜通し大いに語る

も、女房がちょいちょい口出し (また話が脱線したよ〜)

 

 

昨日の敬老の日

長男を空港に見送りに行く際、母の大好きな和菓子を携えて母の入居する老人ホームへ

 

 

次男結婚予定の報告をする

 

涙ぐむ母・・・

 

「あなた達は本当に子育てに一生懸命だったわよね」

 

「自分が育ててもらった通りやっただけだよ」

 

「あなたの子供達は私の自慢。お父さまが生きておられたらどれだけ喜ばれたか・・・」

 

「まあ、結婚して所帯を持ってからだね」

 

「Kちゃん(長男)結婚は?」

 

母の手を握りながら、

「僕の結婚はいつになるか分からないけど、お嫁さんを連れて来るからそれまでおばあちゃん元気でいてね」

 

「ありがとうね。本当に立派になったわねえ」 (スリーピースに身を包み、黒縁メガネ、見掛けは・・・good

 

「今もね、車の運転中にペットボトルのジュースを飲もうとしたら、蓋を開けて渡してくれたんだよ」

 

「私なんかより全然気がきくんですよ」と女房

 

(うん、うん)頷く私を女房が睨む (お〜、怖っ)ごめん

 

飛行機の時間もあり約15分間の訪問だったが、久しぶりに母の満面の笑顔を見たような・・・

 

 

山口宇部空港に着くも大勢の人、人、人・・・大行列

 

台風の影響??

 

かと思いきや、前便のSFJがエンジンの不具合により欠航になったらしい

 

 

おいおい、大丈夫〜 (格安飛行機はねえ・・・)

 

息子の乗る飛行機は?? (ANAさん頼んまっせ)

 

台風で17日が全便欠航になり、そしてエンジントラブル

どれだけ多くの人が足止めを食らったことか・・・

 

空港ラウンジで仕事をするという息子を残して帰路につく

 

 

欠航がローカルニュースでも報道されなかったことをみると、報道されるのは氷山の一角

トラブル、欠航は日常茶飯事とのこと

 

JALは、4〜5年に一度行うエンジンのオーバーホールを経費削減のため中国に丸投げしているそうだ

万が一の場合、航空機事故は大惨事に繋がるだけに、確実に、より安全にお願いしたいものだ

 

自分が搭乗する際はあまり気にならないが、大切な人を見送る際は不安を感じる

 

夜、郡山に帰り着いたという連絡が来るまで心配だった

 

 

そして、今月末開催されるセミナーで使用するスライド、全く手付かず・・・

 

先日、アナウンサーの木場弘子氏の講演を拝聴したが、職業柄か話されることが多く、時間が長く感じられた

もっとスライドを活用されれば、居眠りする人も少なかったのでは?と残念に思った

 

話す内容の構想は出来上がっているが、あとはスライドをどう組み合わせるか

頭の中が台風状態・・・

 

今週末の連休は最後の追い込み

 

 

まったく台風で予定が狂ってしまった

 

自然には逆らえないな泣く

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

笑ってる場合かよ

  • 2017.08.18 Friday
  • 18:47

 

本日、弊社製品の一部を外注に出すため、打ち合わせを兼ねてある会社を訪問した

 

先ずは、食品工場の見学

 

建屋は築40年 外観・内部もまあまあ綺麗

 

機械設備は旧型とはいえ、まあ揃っている

 

気になるのは、働いている人達がジロジロ見ること 驚き

 

 

そして、ある部屋の前を通った時のこと

 

何やら焦げ臭い匂いが・・・

 

案内をしてくれている工場長に

 

「この部屋、焦げ臭くありませんか?」

 

「この部屋は低温倉庫ですから、火の気はありません」

 

「中を見せて頂けませんか?」

 

「今は何も入っていませんよ」と、渋々ドアを開け内部に

 

その時、視線の端に小さな動きを感じた

 

 

間違いなく焦げ臭い

 

 

約10坪のスペースに、空調(業務用クーラー)が1台

 

 

「穀物を保管するために室温を14℃に設定してあります」

 

ファンが廻っているが20℃はある

 

フィルターの掃除をしていないから?

 

気になるが部屋を後にした

 

 

その後、打ち合わせ、見積り依頼をして帰社しようとしたが、どうしても気になるあの部屋

 

お願いしてもう一度低温倉庫へ

 

やはり焦げ臭い


 

クーラーを送風から冷房に切り替えてみた

 

「パチッ」という音とともにクーラー停止

 

「これショートしていませんか?」

 

「いま調子が悪いみたいで・・・」

 

いやいや、そうじゃなくて・・・

 

「この部屋、ネズミいませんか?」

 

「はあ?時たま見かけます」 (先ほどの小さな動きはネズミだったんだ)

 

「コードをネズミに囓られているかも知れませんよ」

 

「そんなことはないでしょう」

 

 

予想通り、ゴムコードが割け、ビニールコードが裸線になっていた

 

 

おいおい、このクーラー動力で200Vでしょ

 

感電するよ

 

「そんなことがあるもんなんですな。はっはっはっ〜」

 

 

おいおい、笑ってる場合かよ怒り

 

こんな会社とは付き合えんな

 

外注に出すのは白紙にさせてもらおう

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

財布の紐を握った者勝ちだな

  • 2017.07.27 Thursday
  • 17:43

 

女房からお小遣いをもらった

 

「これ今月分?来月分?」

 

「来月分よ

 

「いや、今月分もらってないけど・・・」

 

「あら、そうだった?」

 

「もらってないよ」

 

「じゃあ、今月はどうしたの?」

 

 

今月は息子にお小遣いを渡したり、叔父の49日の香典やなんやかんやと、諭吉ちゃんに羽が生えていた月だった

 

 

う〜ん・・・??

 

あ!先月は講演料や総会のお車代、出張費の余りで10万円以上臨時収入があったんだ

 

 

「会社から仮払いしている」

 

「いくら?」

 

「5万円」 (10万円と言おうと思ったのだけど、小心者はコレだからな・・・)

 

「ごめんなさいね。これからは言ってね」

 

ふ〜〜っ、やったね!!

 

「5万円、会社の口座に返しておくわね」

 

「えっ!いや、違う口座だから・・・」

 

「違う口座って?どこの銀行??」

 

「秘密の口座」

 

「脱税でもしてるの?」

 

「馬鹿なこと言うなよ!だったらあんなに税金払うか!!」

 

「じゃあ、あなたに渡せば良いのね」 (そうだよ〜)

 

 

今から約10年前、1ヶ月のお小遣いは8万円だった

 

次男が高校の修学旅行が中国というので積立で2万円カット

 

中学時代は「俺、勉強解るから塾に行かなくても大丈夫」と言っていた三男が、高校になり「塾に行かないとついていけない」

 

おまけに、難関大コースだと・・・

 

 

塾代として3万円カット

 

今は子供達にも手が掛からなくなったので、お小遣いが上がるかな〜と淡い期待を抱くも、子供達の結婚資金を貯めなきゃと、先制攻撃で自然却下

 

ず〜っと、1日 1,000円亭主

 

 

 

今から29年前、結婚直後生活費として10万円渡した

 

一軒家で家賃は4.8万円 残りの5.2万円で光熱費、食費などやりくりした女房を信用し、翌月から財布を全て任せることにした

 

以来、お金に関して一言も口出しをしたことはない

 

 

昨日のテレビ番組で、亡くなられたご主人様が「日曜日は自分が休みだから、君も休みなさい」と、奥様に炊事、洗濯、掃除一切の家事をさせないで、朝はモーニング、夜は高級レストランで食事をさせて頂いたと、心温まるエピソードを話されていたご婦人がいらっしゃった

 

私も女房にはこれくらいのことをしてあげたいという思いは存分にある

 

あるが、何せ財布を握られているもんなあ・・・

 

 

やはり、財布の紐を握った者勝ちだな

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

ブログ村

山口ブログ

ぶろぐ村

ブログランキング

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM