涙が頬を伝った夜

  • 2018.09.21 Friday
  • 10:52

 

昨夜、長男から電話

 

「遅くにごめんね。寝てた?」

 

「いや、ニュースを観てる。安倍さんが三選されて良かったよ」

「これでK(長男の名前)の結婚式も安倍さんにお祝いして貰えるかもな」

 

「僕もそれ思った」

「元気?病気してない?」

 

「元気だよ」

 

「余り無理しないでよ」

 

「うん、ありがとう。どうした?」

 

「実はね、結婚したい女性がいるんだけど‥‥」

 

「そうか、そうか、それはおめでとう」

 

「えっ?良いの?」

 

「お父さんは自分の息子を信じているから、Kが選んだ女性なら反対はしないよ」

 

「ありがとう」

 

 

長男は三兄弟の中では、一番私の背中を見て追って来たように思う

 高校時代は生徒会長に立候補 (残念ながら父親に追いつかず・・・)

 大学は地元のY大学に進学 (親子三代・・・)

 

また要領が良く、器用で交友関係も多岐にわたる

 大学時代は授業料免除にも関わらず、ちゃっかり親から授業料摂取 (ところがどっこい、奨学金を息子に返済させる親)

 これまで結婚式に招待された数、数知れず (ご祝儀より交通費の方が高くついただろうに・・・)

 

 

それでもお相手の女性の事が気に掛かる

 

初めて結婚したいと思った女性らしい (女性遍歴どんだけ〜?)

目のパッチリした、色白の東北美人らしい (「あばたもえくぼ」って言うじゃな〜い)

3歳年下の26歳にも関わらず、自分を叱ってくれるしっかりした女性らしい (尻に敷かれるんじゃない?)

お花が好きな女性らしい (お花が好きな人は心が澄んでいる、とは亡母の弁)

 

 

山口市で「山口ゆめ花博」開催中(9/14〜11/4)

 

「花博に連れて行ったあげたら?是非一緒に帰っておいで」

 

「喜ぶと思う。予定を組んでみるね」

 

「変なオヤジがいるということだけは伝えておいてな」

 

「お父さんは気に入ると思うよ」

 

「両手を広げて待ってるからね」

 

「また連絡するね」

 

 

先月山陰小旅行で買い求めた「願いがかなう飴」

長男に送る機会がなく、自分で1個食べた

 

そのご利益があったのかな???

 

親元を離れて7年、会うごとに成長していった息子

 

孫の顔を見るまでは死ねないな、って改めて思った

 

電話を終え、何故か自然と涙が頬を伝わった

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

「串かつ 遊かつ」さんで送別会

  • 2018.09.20 Thursday
  • 17:34

 

博多にある某会社の弊社担当営業マンT君が異動

 

T君には約6年間、色々とお世話になった

 

無理な依頼、急な依頼にも迅速丁寧に対応して頂いた

 

これまでのお礼を兼ねて山口市朝田にある「串かつ 遊かつ」さんにて送別会

 

これまで色々な方をお連れしたり、ご紹介させて頂いたが、皆さんに喜んでいただけるお店

 

長男大学合格発表の日 (当時交際していた彼女も一緒に)

油物御法度の元上司をお忍びで (奥様には内緒)

台湾、バングラデシュの山口大学院生 (苦学生の栄養補給)

次男の婚約者と初顔合わせ (今でも思い出す彼女のはじけるような笑顔)

神奈川県から帰省中のN先生にご紹介 (ご家族水入らずで)

 

タッチパネルでオーダー形式の串かつバイキング

個室になっており、女性も人目を気にすることなく90分間食べ放題

価格もリーズナブル¥2,138(税込)

 

では、早速タッチパネルでオーダー

メニュー内容
■串・肉 
豚バラ/豚ロース/鶏モモ/ささみ/梅チキン/ソーセージ/厚切りベーコン/あらびきチーズウィンナー/サイコロステーキ 

■串・素揚げ 
アンパンマンポテト/ごま団子/たこ焼/ミニたい焼/えびせん/チキンナゲット 

■串・海鮮
エビ/イカ/さわら/サーモン/帆立/キスの開き 

■串・野菜
たまねぎ/白ねぎ/なす/かぼちゃ/アスパラ/しいたけ/レンコン/ししとう/エリンギ/セロリ/カリフラワー/姫竹/いんげん 

■串・その他 
うずら/ちくわの梅肉詰め/オクラのエビ詰め/春巻/あげぱん   

■盛り
お肉盛り(10本)/お魚盛り(10本)/お野菜盛り(10本) 

■一品 
豚の角煮/肉じゃが/茶そば/若竹煮/揚げ野菜のマリネ風/海藻とじゃこのサラダ/冷製明太子パスタ/人参とセロリのなま酢/ 
菜の花とひじきの和え物/蒸しどりと山菜の梅仕立て/長いもめかぶポン酢/じゃこおろし/枝豆/キムチ/もずく/生キャベツ/ 
サラダ(フレンチ・ごま・青じそ)/ごはん/おにぎり(うめ・こんぶ・めんたいこ・ねぎ味噌・しそわかめ・十五穀米) 
京風だし茶漬け/おつけもの/玉子スープ/みそ汁 

■デザート 
ハーゲンダッツ(バニラ・ストロベリー・グリーンティー)(お一人様1品) 
グラスソフト(プレーン・抹茶・キャラメル・ブルーベリー) 
シャーベット(ユズ・さくら・白桃) 
チョコパ/和菓子/抹茶水ようかん

 

ガッツリ肉系 4人前

左のバッター液に漬け、右の揚げ粉を付けて、と

油の中へ投入〜

と、その前に忘れてはならないのが「豚角煮」 (早く注文しないと売り切れに・・・)

ソース、ポン酢、塩2種


 

おむすび、キムチ、お味噌汁も食べ放題 (ここのお味噌汁 結構オススメ)

 

 

後任の営業担当者は、今から約20年前に弊社を担当していたY君(左)

54歳で未婚 (花嫁絶賛募集中〜:おいおい、父親になった気分だよ)

 

Y君が悩んで落ち込んでいた時、小倉で合流し、おっさん二人がジョイフルのドリンクバーで4時間

彼を元気付けるどころか、叱り飛ばしたっけ・・・ (自信のない奴はそれが結果となって表れる!)

 

父が亡くなった時、彼は担当を外れていたため年休を取って駆けつけてくれた

それが嬉しくて、悲しみの中二人で抱擁 (みんなが注目してたよ)

 

彼には「仕事の話をする前に信用を築け」と、世間話55分、営業活動5分を勧めた

その後、大分県で逆転満塁ホームランを飛ばしたと聞いた (それで大出世)

 

これからもよろしくお願いします!!

 

 

もっと食えと、オーダー

たこ焼きにたい焼き(素揚げ)

たい焼き (あんこメチャ甘〜い!)

そして、締めのアイスクリーム (何と、ハーゲンダッツも)

 

T君、本当にお疲れ様、そして、ありがとう

 

またいつでも立ち寄ってください

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

かっての当たり前が、今や珍事

  • 2018.09.13 Thursday
  • 17:20

 

先輩から突然の電話

 

「今、防府に来ているから、これからお伺いしたい」

 

「はい、お待ちしております」

 

「防府は不案内なので迎えに来てもらえんじゃろか」

 

「はい、どこにいらっしゃいますか?」

 

と、いうことで先輩をお迎えに (あら、奥様もご一緒)

 

 

以前ブログにも登場(http://ichiumablog.jugem.jp/?eid=307)した「亀の甲農園」三隅先輩

 

 

「ぶどうが出来たので持って来たよ」

 

 

「奇跡のぶどうですか」

 

「そう、私の46年間の苦労の結晶」

 

「販売価格はいくらに設定したのですか?」 (以前は7,000円とお聞きしていたけど・・・)

 

「1箱 6,480円(税込)でネット販売しているよ」

 

亀の甲農園HP:http://www.kamenokou.com/

 

「ひと箱、6,000円ですか〜?」

 

「ボチボチ注文が入っているよ」

 

「こちらは?」

 

 

「大粒のぶどうを選んだもので、左が36mm以上、右が32mm以上」

 

「これも販売しているのですか?」

 

「欲しい人がいれば販売するよ」

 

「いくらですか?」

 

「左が5,000円、右が3,000円」 (えっ、9粒でですか?)

 

「えっ、一粒 500円・・・」 (アンパン3個の方がお腹は太るなあ)

 

「まあ、食べてみんさいや」

 

「いただきます」

 

(う〜ん、懐かしい味。昔食べたぶどうの味だ!)

 

「優しい味ですね。エグミがないですね」 (ぶどうを食べた際、唇に残る痺れるような感じがない)

 

「私のぶどうにはアルカロイドという、苦味やエグミの成分がないからね」

 

「いくらでも食べれますね」

 

「そうじゃろ」

 

「でも種が邪魔くさいですね」

 

 

「種があるから有機(無農薬)栽培なんじゃろうが。種がないのは農薬を使っちょるんよ」

 

「確かに昔は種がありましたよね。だから懐かしい味がしたのかも知れませんね」

 

「そうなんよ」

 

 

これまでぶどう栽培に注ぎ込んだ費用は軽く1億円を超えるよと、事も無げに言われる先輩

 

(これから16,667個販売しなきゃ元は取れないじゃん)

 

しっかり販売のお手伝いをさせて頂きますね

 

どうもありがとうございました

 

 

で、翌日またぶどうが届きました (これでまた1億円の回収が遠のきましたね)

 

 

少しでも多くの方に有機ぶどうを味わってもらうため、市役所での会議に持参

 

若い職員さん「美味しい。あれ?このぶどう、種がある」

 

「有機のぶどうだから種があるの。昔はみんな種有りだったんだから」

 

「初めて〜、こんな珍しいぶどう」

 

かっての当たり前が、今では珍事

 

(時代の流れに逆らうのって大変ですね・・・先輩!)

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

クラシックを聴きに:読響演奏会

  • 2018.09.10 Monday
  • 19:56

 

読売日本交響楽団演奏会のチケットに当選した

しかも、S席 7列目 27番 28番

 

 

 

が、個人的にはクラシックに興味がない

 

奥さまがピアノの先生をなさっておられるご夫妻にプレゼントを‥と思ったが、なんせ会場はスターピア下松

 

ご自宅から会場まで車で往復5時間、しかも夜 (ご帰宅は午後11:00頃になるなあ)

 

失礼ながらご年齢を考えると・・・

 

 

次男夫婦に讓ろうとしたが、仕事で行けそうにないとのこと

 

「誰か貰ってくれる人はいないかなぁ・・・」

 

その時家内が、ポツリ

「私だって行きたいのに・・・」

 

「えっ、行く気あるの?」

 

「あなたは自分や私のことより、いつも他の人を優先するのよね」

 

「そんなことないだろ。ママが一番大事だよ」 (ママっていう時は、ゴマすり・・・)

 

ってな訳で、こともあろうかこの私がクラシックを聴きに行くことに・・・

 

 

前夜、三男が気まぐれに帰宅

 

土用の丑の日にも帰らず、お盆にも帰らず、全く計画性もなく、突然ふら〜っと帰って来る

 

これはチャンス!

 

「明日の夜、お母さんとクラシックを聴きに行かないか?」

 

「はあ〜、クラシック??謹んで断固お断りします」 (日本語の使い方変じゃないか?)

 

「そうか、仕方ないな・・・」

 

 

はい、行ってきました スターピアくだまつ

 

 

指揮はジョセフ・バスティアン氏

ヴァイオリンは神尾真由子さん

読売日本交響楽団

 

曲目は

 

ベルリオーズ:序曲<ローマの謝肉祭>作品9 (演奏時間:約8分)

 

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35 (演奏時間:約33分)

 第1楽章 アレグロ・モデラート〜モデラート・アッサイ

 第2楽章 カンツォネッタ、アンダンテ

 第3楽章 アレグロ・ヴィヴァーチェシモ

 

ドビュッシー:交響詩<海> (演奏時間:約23分)

 

ラヴェル:ボレロ (演奏時間:約13分)

 

 

演奏前 (隠し撮りをして家内にメッチャ叱られた・・・)

会場は約1,000人収容 ほぼ満席

 

 

最前列はヴァイオリン (楽団の花形はヴァイオリンなのかな?)

 

ヴァイオリン奏者は、右腕が疲れるだろうな (腱鞘炎にならないのかな?)

ヴァイオリン奏者は、太った人には向かないな (二の腕がたっぷんたっぷんだ)

 

自分が演奏するんだったらシンバルが良いな (練習しなくても良いし、ギャラは同じらしいから)

 

 

な〜んてことを考えながら聴いていたが、仕事の事、悩み事をいつの間にか忘れていた

 

席が前だったこともあり、ヴァイオリンの音色が心地よい

 

弦を爪で弾く音、弓を小刻みに弾く音、弓をダイナミックに動かして弾く音

 

 

神尾真由子さんのソロのヴァイオリンは素晴らしかった

 

音が生きている、音に躍動感がある (表現が変かな??)

 

横を見ると、家内が目を閉じてうっとりした表情で聴いている (居眠りしてないよね??)

 

これはお金を出してでも聴く価値はあるな、1時間以上かけて来るのも悪くないなとしみじみ感じた

 

特に最後の曲、ボレロのクライマックスでは鳥肌さえ立った

 

こういう機会を作ってくれた家内に感謝

 

「ありがとう」

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

多幸窯:若き後継者に期待

  • 2018.08.28 Tuesday
  • 16:13

 

 防府市江泊末田にある窯元で「多幸壺復活祭」が開催され、除幕式、登窯火入れ式が行われた

 

末田地区は末田焼として窯業が盛んだったが、時代の流れと共に窯元が次々と廃業、現在は2軒を残すのみとなった

 

その中でも、全国的にも珍しい陶製の蛸壺の生産をされていた、真山窯3代目 田中孝志さんが一昨年、高齢を理由に引退、廃業を発表された

 

 

防府市指定有形民俗文化財の登窯も存続の危機を迎えた

 

稼動するなかでは国内最大級の登窯

 

そんな時、イベントで末田を訪れた北九州出身の青年 久野公寛さん(35)

 

久野さんは、田中さんの職人技に魅了され、一大決心

勤務先を退職し、田中さんに弟子入り

 

見習いでは生活が出来ないため、アルバイトで生計を立てながら技術を習得

 

そしてこの度、晴れて後継者として認められ、新たに「多幸窯」としてスタート

(※デザイナー うじともこさんデザイン)

 

2年振りに登窯に火が入ることとなった

 

 

 

「ほうふ観光 百万一心プロジェクト」〜防府の広告塔となる産品を世界へ〜

 

現在、弊社を含め7社がこのプロジェクトに参加している

 

アウトバウンド(製造・物販)からインバウンド(来訪)を狙うもので、自社製品を通じて防府をPR

そして、防府へ足を運んでもらうという、広告塔としての役割を担う

来年1月に東京ミッドタウンで開かれる展示会で商品を販売

 

「多幸窯」さんも蛸壺をインテリアとして提案する「TACOOTSUBO」を出品、販売 

 

 

 

「蛸」を英語で書くと〔octopus〕オクトパス=置くとパス

 

受験生の皆さん、受験に備え是非多幸壺を!  (苦しい時のタコ頼み??)

もっと幸せになりたい方も多幸壺を!     (一家に一つ必需品??)

 

 

私もこの話をお伺いした際、何かお役に立てることがあれば・・・と、コラボを申し出た

そして、多くの方から背中を押していただいた

 

三田尻からストーリーを・・・

さて、どんなストーリーとなるか・・・??

 

池田市長、島田県議、杉山教育長、羽嶋コンベンション協会会長を始め、多くの方々と「多幸窯」久野さんの船出(火入れ)をしっかりと見届けました


私も防府市民の一人として、若き後継者 久野さんに期待すると共に、微力ながらもお手伝いをさせて頂きたいと思っています

 

 

たこ飯までいただき、ありがとうございました

美味しくいただきました

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

ブログ村

山口ブログ

ぶろぐ村

ブログランキング

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM