残念!パーフェクトならず・・・

  • 2019.03.18 Monday
  • 10:52

 

先月「食のモニターツアー」が行われた

 

 

防府といえば「防府天満宮」「毛利庭園」、それに「食」を加えた日帰りバスの旅

 

旅程(広島発 7:30〜広島着 18:45)

 *蒲鉾「白銀」工場見学

 *みそソムリエと作る味噌作り体験

 *道の駅潮彩市場防府(昼食、天然ぶりの解体ショー、お買物)

 *毛利庭園(庭園散策)

 *防府天満宮(参拝、抹茶接待)

 *山頭火ふるさと館

 *周防国分寺(仏像見学、お守り作り)

 

と、実に盛り沢山な内容

 

定員30名 ツアー料金 ¥5,000

 

今回は、広島市西区井口周辺にお住まいの方にご案内

 

果たして参加者が集まるか・・・??

 

何と、募集開始3時間で定員オーバー (因みに昨年は¥3,000で、定員オーバーまで1日半)

 

弊社の都合に合わせて、木曜日という中途半端な日

 

まったく驚きである

 

 

ツアーアンケート結果をいただいた

 

 

前日に2名のキャンセルが出たため28名のご参加

 男性 50代 1名、60代 2名、70代 1名、80代 1名 計5名

 女性 30代 1名、40代 2名、50代 6名、60代 8名、70代 6名 計23名

 

どこが楽しかったですか?

 

「味噌作り体験」 27名/28名

 

「味噌作り体験、一番人気ですね」

 

「う〜ん、残念!」

 

「えっ?」

 

「1名の方が楽しんでおられない・・・」

 

「色々な方がいらっしゃる訳で、パーフェクトはないでしょう」

 

「来年はもっと工夫してパーフェクト目指します!」

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

1年遅れの結婚30周年

  • 2019.03.14 Thursday
  • 16:20

 

昨日、3/13は我々夫婦の31回目の結婚記念日

 

昨年は次男の結婚式の準備に追われ、結婚記念日すら忘れていた (私は、であるが・・・)

 

昨年(3月)そして今年(6月)と、2年続けて息子の結婚式を迎えるとは予想だにしなかった

 

私は結婚前、家内に言った言葉がある

 

「賢母にはならなくて良いから、良妻になって欲しい」 (自分勝手かな?)

 

 

先週、長男のフィアンセから苺を送っていただいた


大きい!!!

「お父さんこんばんは。友達が作っている甘くてとても美味しいいちごですので是非お召し上がりください」

「来週はお会いできるのを楽しみにしています!ご足労をお掛けしますがどうぞよろしくお願いいたします」

 

美味しくいただきました (ありがとう!!)

 

その前には、モンブランが好きだという私に栗のお菓子 (ケーキの中では、なんだけどなあ・・・)

 

岐阜の恵那川上屋さんのくり壱(大)

栗きんとんを芯にした蒸し羊羹を朴の葉で包んである

 

甘さを控えた餡に栗が入ったバタどら

皮が少しもっちりしていて、バターのほんのりとした塩気がとてもよく合って美味しい

 

 

一方、次男夫婦をこの1年間近くで見てきたが、実によく出来たお嫁さんだと感心している

 

家内の姿をみて育った息子達故に、本当に良い嫁、良いフィアンセを選んでくれたと思う

 

これも家内がしっかりと私の思いを実践してくれたからだろう

 

そんな家内に感謝の気持ちを伝えたく、1年遅れの30周年のプレゼントを密かに準備

 

元洋服のデザイナーだけに、洋服、ジュエリーは私のセンスではハードルが高過ぎる

 

迷った結果

COACHの財布

 

「そんなことしなくて良いのに〜」 (と言いながらも、包装紙開いてるじゃん)

 

早速、中身を入れ替え始めた家内に一安心

 

これまで使っていた財布(上段) (これ¥17,000だったのよね、に、思わず えっ?)

大きいからバッグに入るかしら? (と、一言多い。いや、バッグも欲しいってこと??)

確かに私の財布(LANVIN:下段)とほぼ同じ (ピチピチじゃん、そんなに必要?レシート)

 

夕食は手っ取り早く「無添 くら寿し」さんへ

「旨だれ牛カルビ」と「イベリコ豚の大とろ」

「竹姫寿司 たら白子ジュレぽん酢」

仕上げは「胡麻香る坦々麺」

 

「う〜ん、これも鰹だしか!」

 

あさりのお味噌汁も鰹だしで取ってあり、あさりのだしと鰹だしがお椀の中でケンカしているし・・・

 

何でもかんでも鰹だし使ってんじゃないよ〜!!

 

 

そして「湯たんぽ」

 

以前骨折した右足首が痛む私に、毎晩必ず沸騰したお湯を入れた湯たんぽを準備してくれる

 

小さな心遣いが感謝に変わる瞬間

 

 

32年目に向かって新たなスタート

 

先ずは、明後日からの福島県への旅、喧嘩しないで行こうね

 

これからもよろしくお願いします!!

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

イクジイ、イクバア

  • 2019.03.11 Monday
  • 19:44

 

今年になって驚いたことが2つ

 

一つ目は、1/3の留守番電話

 

再生してみると、市長から新年ご挨拶の電話

 

失礼ながら折り返さず、私は翌日の商工会議所新年互例会の際にご挨拶

 

何故市長から電話を頂いたのか、ごく普通の一般市民である私は今だに??

 

昨年ちょっと意見を言わせて頂いたからかな?

 

 

二つ目は、元上司が宇部の自宅を引き払って東京に移住されること

 

そして、お孫さんのお世話をされるとのこと(お嬢さんが育児休暇から職場復帰)

 

まさに今日、東京へお引越し

 

東京に行くとは聞いていたが、まさか片道切符とは・・・(絶句)

 

都会では保育園も不足気味だし、東京と宇部では同居という訳にもいかない

 

そこで、子育て支援に祖父母の出番で「イクジイ(育爺)、イクバア(育婆)」

 

 

先日、昔の仲間とささやかに宇部市宇部駅近くの「寿司 扇鶴」さんで惜別会を行った

 

 

「焼き鯖寿し」がこれまた絶品 (家内にお土産)

 

 

 

宇部と防府、距離にして約50Km

 

車で1時間の道のりではあるが、これまで年に1度か2度しかお会していなかった (いつでも会えるという安心感)

 

これからはそうはいかないと思うと、余計にでも寂しさが・・・

 

 

今の私があるのは、まさにこの方のお陰

 

最初の出会いは、土浦工場から転勤して来られ、開発室が新設され私が部下第1号

 

しばらくして、開発の大変さ、自分の無知さに嫌気がさし、配置替えを希望した

 

「君以外にこの仕事が務まる者が居るか?居るなら名前を挙げてみろ!」

 

数人の先輩方の名前を挙げた

 

「○○君や×△君に開発の仕事ができると思うか?まず無理だね」

 

以来約40年間お付き合いをさせて頂いているが、怒られたのはこの時が最初で最後のように思う

 

そして、私の部下としての重要な任務の一つ

 

車内にキーを残したままのキーロック、ある時はエンジンが掛かったまキーロック

私に呼び出しがかかり、ある工具を使って開錠 (車上荒らしではありません)

 

とにかく「全責任は私が負うから好きにして良い」と自由にさせて頂いた

 

工場内にマイカーで入ることは許されないが、守衛所に掛け合ってくださり私はマイカーでの入場が許された (独身時代、1年365日のうち360日は会社に行っていたが、寮から開発室まで歩いても10分掛からない)

 

課長以上の管理職でなければ出張は飛行機が使えなかったが、平社員でありながら私は飛行機を使わせて頂いた (東京までの新幹線に乗っている時間が無駄だと言われたが、私は息抜きの時間も欲しかったのですが・・・)

 

車で出張した際「女性に抜かされた」と、けし掛けたばっかりにスピード違反で捕まりましたね (本当に申し訳ありません)

 

私の結婚式では仲人をして頂きました (京都大学で鍛えた喉で詩吟をご披露頂きました)

 

東京大手町にある本社転勤が決まった際、大谷山荘での送別会、良い想い出です (泊まった部屋は私が結納を交わした部屋でした)

 

また、宇部全日空ホテルでの送別会を想い出します

ささやかに、が、総勢70名が集いました (これもお人柄です。みんなが慕っていました)

 

 

そして十数年後、会社を退職され、大学院の教授になられることになった際の励ます会を想い出します

「みんなの思いが籠っている記念品」をお渡ししました

いろのネクタイ(きたい:期待)

バーバリーのネクタイを選びましたが、少し色が薄かったかもしれませんね (淡い期待ではありません)

 

 

本社に転勤された後、あとを追うように私も退職しましたが今でも間違っていたとは思いません

 

 

今週末、私は家内と上京します

 

長男のフィアンセのご両親にご挨拶するため、福島県郡山市へ直行し、翌日には直帰しなくてはなりません

 

結婚式の打ち合わせ、衣装合わせなどスケジュール的にお会いする時間はないかと・・・

 

来月、仕事を作って上京したいと思います

 

それまで「イクジイ、頑張ってくださ〜い!!!!」

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

全身マッサージに行くと・・・

  • 2019.02.09 Saturday
  • 15:18

 

インフルエンザに罹ったばっかりに・・・

 

身体中の節々が痛くて、マッサージに行ったら?と言う家内

 

これまでお世話になっていた、視覚障害の方が廃業なさったそうだ

 

そこで、最近よく看板を目にする全身マッサージに行くことに

 

 

初めての利用で、今後もお世話になるかもと、メンバー登録

 

マッサージ台にうつ伏せに寝て、何故か胸騒ぎが・・・

 

マッサージは気持ちよかったのだが、途中で気分が悪くなってしまった

 

 

ふと以前、「あなたは閉所恐怖症のようだ」と言われたことが頭を過る

 

症状1:トンネル内はとにかくぶっ飛ばす

   → 早くトンネルから抜け出したい

 

症状2:剣道のお面を被ると落ち着かない

   → 子供との試合で開始2秒で勝ってしまい、おとな気ないと批判される

 

症状3:MRI診察中に暴れる

   → 「あなたは病気になってもどこが悪いか診断できない」と女医キレる

 

 

マッサージ台の顔を出す穴が狭すぎるのか、息苦しくなってきたのだ

全身汗が噴き出し、施術着のズボンの裾をたくし上げ、シャツの袖を捲り、お腹を出す

 

飲み物はないかと尋ねると、店外に自販機があるという (店内にも是非常備お願いします)

 

3つ先のマッサージ台で施術を受けている家内が心配そうな目で見つめる

 

「大丈夫だから」とアイコンタクト

 

残りの時間、仰向けで足のマッサージをして頂いた

 

 

「ご迷惑をお掛けしました」とお店をあとにする

 

随分と身体は軽くなったが、マッサージもろくに受けることができない自分が腹立たしい

 

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

完全復活〜!というか・・・

  • 2019.01.28 Monday
  • 16:21

 

今日からフルタイム出社

 

インフルエンザから完全復活!という訳でもない

 

この数日間も毎日出社し、ボイラーを起動し、一通り業務をこなして午前中で帰宅

 

迷惑を掛けないよう、マスクをしたまま一気に指示を出す

 

そのため耳の後ろが擦り切れて痛い (家内から渡されたマスクがSサイズだった)

 

 

先日、家内が電話で話す会話が耳に入った

 

「そうよね〜、男の人は大げさよね〜」

「私たち主婦は家事もあるし、ゆっくり休めないわよね〜」

 

どうやら知人のご主人さんもインフルエンザ罹患

 

日頃家に居ない者が家にいると落ち着かないらしい

 

インフルエンザだと、これ幸いと、我儘言いたい放題らしい

 

同調する家内の言葉に少々傷付く自分がいる

 

(大げさ・・・、我儘・・・、そう思われていたのか・・・)

 

やはり自分の居場所は会社しかないのか・・・

 

 

家内曰く、「相手の話に合わせただけ」

 

せめて3日間だけ好きにさせて欲しい

 

放置していた本を読むことに

 

 

 

 

 

久々にゆっくりさせてもらった

 

「もう少しゆっくりしたら?」という家内の言葉を背に受けて、自宅を後にする

 

やはり会社は落ち着くね

 

あと2、3日で完全復活かな?

 

 

 

下の3箇所クリックして頂けますと幸せます

  ↓  ↓

 


にほんブログ村



人気ブログランキングへ 

 

 

 

JUGEMテーマ:きまぐれ日記

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

ブログ村

山口ブログ

ぶろぐ村

ブログランキング

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM